脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

プラズマリポのアフターケアって大変?

ぽっこりと突き出た下腹やたるんだお腹・お肉のたっぷりと付いた太ももなど、女性は自分のボディラインへの悩みが尽きないものです。食事制限や運動を頑張ってみてもサイズダウンが難しい部分痩せの悩みを根本から解消してくれるのが、美容外科で施術が可能なプラズマリポです。この施術はプラズマの光を用いて、気になる脂肪を溶かして取り除く最先端の切らない脂肪吸引術です。施術の際のアフターケアはほぼ必要なく、ダウンタイムも少ない日帰りで可能な施術になります。プラズマリポは極細のファイバーの先端から360度の方向で立体的にプラズマを照射することで、非常に広範囲の脂肪をまんべんなく除去することが可能です。また従来の脂肪吸引よりもより正確に狙った脂肪を除去することができ、非常に高い安全性も確保されている点が特長です。脂肪を直接吸引するわけではないので、ダイエット効果を実感できるのは早くて2ヶ月後位から現れると言います。またより早い効果を望む場合は溶かした脂肪を体外へ排出する「プラズマリポサクション」という施術を併用することもあります。
プラズマリポのアフターケア

部分痩せに有効

プラズマリポによる実際の施術の流れは、脂肪を除去したいパーツに局所麻酔を施します。患部に小さな穴を開けてそこから脂肪層に照準を合わせてファイバーを挿入してプラズマ照射を施していきます。麻酔が効いているので術中の痛みは一切無く、術後は筋肉痛のような軽い痛みがごくわずかにある程度だと言います。術後のアフターケアとしては理想のボディラインに整えるための圧迫固定を1晩程度するのみで、それ以外には普段通りの生活を送ることが可能です。また個人差はありますが内出血や腫れの症状も1週間程度で収まると言われています。プラズマリポは切る脂肪吸引とは異なり切開部の縫合等の必要もないため、翌日からはシャワーなども浴びることができます。切る脂肪吸引とは異なり脂肪除去の即効性は薄いものの、アフターケアが簡単でダウンタイムや痛みも少ないプラズマリポは非常に安全性が高い点が魅力です。そのためお腹や二の腕・お尻や太ももなど部分痩せをしたいパーツには非常に最適な施術です。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*