脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

PAL脂肪吸引で失敗しないためには

脂肪吸引にはさまざまな種類の施術がありますが、その中でも、PAL脂肪吸引という治療方法が最近人気を集めています。メディアで取り上げられることも増えてきているので、名前を知っているという人も多いのではないでしょうか。

そもそもPAL脂肪吸引とは、脂肪を吸引するための専用のカニューレの先を、高速で振動させる「PALシステム」という技術を用いて行う施術のことを指します。このシステムでは、カニューレが1分間に約4000回の速さで振動するため、脂肪を効率的に吸引することが可能です。振動により、脂肪を常に柔らかい状態に保つことができるので、短い時間でたくさんの脂肪を吸引することができるのです。

このように、PAL脂肪吸引は、脂肪吸引においてとても効果の高い施術方法だと言うことができますが、失敗のリスクも少なからず存在しています。そのため、失敗のリスクについてきちんと理解した上で施術に臨むようにしましょう。

PAL脂肪吸引の失敗

失敗例と実績のある医師選び

PAL脂肪吸引は短時間にたくさんの量の脂肪を吸引することができるので、体への負担はとても少ないです。しかし、失敗した時はデメリットもあります。たとえば、脂肪の取りすぎや偏った吸引により、体に凸凹が現れてしまったり、ボディバランスの崩れが起こってしまうことが考えられます。また、技術の低い医師が施術を行うと、カニューレの振動が体の組織を傷つけてしまうという可能性もあります。

このように、失敗のリスクは確かに存在しています。PAL脂肪吸引を失敗しないためにも、実績のある医師に手術を依頼するようにしましょう。医師の経歴などをきちんとチェックした上で、手術の相談をすると良いです。また、しっかりとカウンセリングを行ってくれる医師を選びましょう。メリットだけではなく、リスクやデメリットまではっきりと説明を行ってくれる医師を選ぶことが大切です。名医を探したいと考えている時は、こちらでご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください。

PAL脂肪吸引で失敗しないためには

PAL法・パワー脂肪吸引の失敗で、たるみが起こるってよくあるの?

たるみができることがあります。

PAL法・パワー脂肪吸引の施術は一気に脂肪を吸引する方法ですが、吸引する脂肪の量に注意しておかないと吸われ過ぎ皮膚にたるみができることがあります。
この施術は均等に脂肪を吸引することがしにくいので、ある部分は大量に吸われ、ある部分はそれ程は吸われていない場合があります。脂肪は肌のハリを保つには一定の量が必要であるため、あまり吸引され過ぎても問題です。一部分の脂肪が過剰に吸引されると、皮膚がたるむようになります。

左右差が出ることがある

脂肪を吸引する整形手術の中でも最新の施術方法であるPAL法・パワー脂肪吸引の施術は、高速運動をする機械を使用して脂肪を減らしていくことができます。この施術では短い時間の中で一気に脂肪が吸引できるので、一度だけでもかなりの効果があります。
ただ、短時間に大量に吸引する方法だと、吸引に左右差が出ることがあります。バランス良く右と左で均等に脂肪を吸引するには時間をかけながらが必要となるので、この施術だと差が出やすくなります。

脂肪のでこぼこができやすい

短時間で大量の脂肪を吸引することができるPAL法・パワー脂肪吸引の施術は、早く効果を出したい場合には良い方法です。早く効果が出るメリットはありますが、皮膚の状態を悪くするデメリットもあります。
大量の脂肪を一度に吸引する方法は、脂肪のでこぼこができやすい方法です。部分ごとに均等に脂肪を吸引することができないため、吸われる脂肪の量によって皮膚の表面にでこぼこが生じ目立ってしまう恐れがあります。

安心して受けるには、ベテランの医師がおすすめ

左右差が出る、でこぼこができる、たるみが出るなどの問題が、PAL法・パワー脂肪吸引の施術を受ける上での不安材料となります。不安材料をなくして安心して治療を受けるためには、手術は経験を積んだベテランの医師にお願いすることがおすすめです。
この施術でおこる問題は、若い医師によく見られる失敗です。技術の腕を身につけた医師であれば、これらの問題が起きないように配慮して施術を行ってくれます。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*