脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

PAL脂肪吸引を受けるデメリットとは

脂肪吸引は身体に付いている皮下脂肪を特殊な装置を使って吸引して除去する整形術になります。それまでの脂肪を切除する方法に比べて、身体への負担が小さいのがメリットになります。脂肪細胞を除去するメリットは、ボディラインを整えて身体を太りにくくするといったものです。反対にイメージとして体重が減りそうですが、脂肪細胞そのものは軽いため減量効果はそれほどないとされます。これは脂肪細胞には数の限りがあり、余った脂肪を蓄積するさいに脂肪細胞が膨れ上がることが大きな原因です。このため脂肪細胞を取り除くことで太りにくくなる効果があります。
一方でさまざまな種類の脂肪吸引法が開発されており、その中でも新しいのがPAL脂肪吸引です。PAL脂肪吸引では脂肪吸引を行うカニューレと呼ばれる器具を高速振動させることで脂肪細胞を破壊して吸引するといったものです。それまでの方法に比べて身体への負担が小さい特徴がありますが、より多くの脂肪を吸引できることから医師の技量によってさまざまなリスクを負うといったデメリットがあります。
PAL脂肪吸引のデメリット

細胞復活は困難なので慎重に

PAL脂肪吸引のデメリットとしては、その振動によって脂肪細胞を破壊して吸引するということにあります。このため身体の他の組織に対して傷つけるリスクがあり、特に多くの脂肪を吸引するさいにはそのリスクは高まります。
失敗する可能性としては内出血や痛みですが技術が未熟な医師の場合には、その器具の特質上、神経を傷つける可能性もあります。神経が傷つけられることで麻痺やしびれが起こる可能性があります。またPAL脂肪吸引を含めてすべての脂肪吸引でのリスクとして、表面がデコボコになるケースや、また取り残しが出るケースもあります。
このため施術を受けるさいにはそれらのリスクの説明を受けた上で受ける必要がありますし、それらの説明をしっかりと行ってくれる医師を選ぶことがポイントになります。特に脂肪吸引という性質上、一度取り除いてしまった脂肪細胞を再び復活させることが困難であるため過度な脂肪吸引は避ける必要があります。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*