脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

PAL脂肪吸引のアフターケアが大事な理由

通常の食事制限のダイエットでは脂肪細胞を小さくすることはできますが、その後食べすぎなどをしてしまうと、また元のサイズに戻りリバウンドしてしまいます。リバウンドを防ぐためには脂肪細胞の数を減らすことも大切ですが、脂肪を確実に減らすのであれば脂肪吸引も検討してみましょう。そして、脂肪吸引にも様々な方法がありますので、できるだけ体に負担が少なく、しっかり脂肪を取れる方法を選びたいところです。PAL脂肪吸引はPAL方式と呼ばれるカニューレの先端を高速で細かく振動させる方法とハイパーインフレート方式を組み合わせた方法です。PAL脂肪吸引では脂肪を乳化させませんので、短時間で多くの脂肪を吸引できるメリットがあります。この方法で吸引された脂肪は組織があまり破壊されていませんので鮮度もよく脂肪注入の豊胸にも向いています。きれいに仕上げるためにもダウンタイムを抑えるためにもアフターケアはしっかりと行っておくことが大切です。
PAL脂肪吸引のアフターケア

肌負担を減らす

PAL脂肪吸引のアフターケアについても知っておきたいですが、まずPAL脂肪吸引は体への負担は少なくなっていますので、それほど強い腫れや内出血はないとされています。
とはいえ、ダウンタイムは2週間程度ありますので、この期間中は安静に過ごすことが大切です。
脂肪吸引を行えばその部分の脂肪を減少させることができ、部分やせが実現しますが、脂肪吸引した部位はたるみなども起きやすいので圧迫などのケアもきちんと行っておきましょう。
施術後のケアが良くないと肌がたるんでしまう、固くなる、肌の表面が凸凹になる、さらにダウンタイムが長くなってしまうなどのトラブルも起こりやすくなってしまいます。
アフターケアではインディバやエンダモロジーなどのトリートメントが行われることもあります。
美しい仕上がりにするためには医師の技術力の高さはもちろん、施術後のケアをしっかり行うことも大切ですので、アフターケアまで万全に行ってくれる医療機関を選びましょう。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*