脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

お尻・臀部の脂肪吸引の修正はできる?注意点は?

太ももの脂肪吸引をする際には、お尻・臀部や膝周りもセットで行うのが一般的です。それは、特定の部位だけ脂肪吸引すると、全体のバランスが取りにくくなるからです。特に、お尻・臀部の脂肪の吸引に関しては、ドクターによって施術方法に関しての見解が分かれるので、太ももの脂肪の吸引と分けて行うと、修正が難しくなる場合もあります。仮に、患者の側から小尻にしたいと要望しても、どれくらい脂肪を吸引すれば、小尻になるのかは、ドクターの判断に委ねるしかないわけです。臀部の吸引には、より注意深い施術が必要になり、吸引しすぎると垂れてしまいやすいと言えます。それ故、ヒップのサイズを自然な減量の結果のように仕上げるには、高い技術が必要になるわけです。もし、他のクリニックで部分吸引を受けて、満足の行く結果を得られなければ、そうした脂肪の吸引の高い技術を持ったドクターに依頼すれば、バランスよく修正吸引を施してくれると言えます。
お尻・臀部の脂肪吸引の修正

ベイザー脂肪吸引

お尻・臀部の脂肪吸引の場合、取り残しがあるケースが多く、全体的に垂れていることもあります。こうした場合に有効なのがベイザー脂肪吸引で、背面からも側面からも分かるほど細くすることが出来ます。そして、腰部の吸引を施すことで、ヒップのサイズを小さくして、垂れた部分をヒップアップすることが出来るわけです。脂肪吸引の技術が未熟だと、臀部の溝が2本になったりしますが、これも解消することが出来ます。それでも、垂れた臀部を患者が満足する様に仕上げることは大変な作業になるので、やはり初めから臀部の脂肪は取り過ぎないようにすることが重要だと言えます。臀部の脂肪の吸引後に、凹凸ができる場合もありますが、これもドクターの技術不足によるものです。脂肪層を均一に吸引しないことから生じるもので、修正には凹んだ部分に脂肪を注入することになります。やはり、この修正術も大変な作業で、仕上がりが患者の満足なものになら兄場合も多いわけです。それ故、お尻・臀部周りの脂肪の吸引を受ける場合には、実績のある信頼できるクリニックで施術を受けることが何よりも大切なことになります。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*