脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

お尻・臀部の脂肪吸引の失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

全体的な体のラインをきれいに整えるためにはお尻・臀部の形がとても重要であり、広い面積があるため慎重に手術が行われないと失敗につながりやすい部分です。

脂肪吸引はお尻全体的に行う場合と、臀部移行部分だけやお尻の上部だけなど脂肪の付き方によって異なってきます。

プリッと引き締まって上向きのラインに仕上げるためには医師の高い技術により、脂肪吸引の量を加減する必要があります。

下手に取りすぎるとお尻の丸みがなく平らになってしまうばかりではなく、下に垂れ下がり脚の付け根部分にいくつもしわができてしまう可能性があります。

お尻・臀部の状態をしっかりとみてくれて、カウンセリングによりデザインの方向性もしっかりと話し合ってくれる技術ある医師にお願いしないと後悔することになりかねず、失敗してしまえば再び脂肪を入れるなど修正が必要になってしまい、理想のお尻・臀部になかなか近づけなくなることもあるので、話をよく聞いてくれるクリニックを選びましょう。

お尻・臀部の脂肪の吸引に関しては、ドクターによって施術方法に関しての見解が分かれるので、太ももの脂肪の吸引と分けて行うと、修正が難しくなる場合もあります。

ここではお尻・臀部の脂肪吸引の修正についてご説明いたします。

お尻・臀部の脂肪吸引の失敗で考えられること

上手な医師・クリニックの特徴

お尻、臀部の脂肪吸引に限らず、上手な医師というのは計画性があり仕事が丁寧な医師のことをいうのではないでしょうか。

美容整形の世界はただ悪いところを治すということではなく、より美しくしなければいけないという使命があります。

仕上がりに対して明確なデザイン力やイメージを持っていることが美容外科医には必要です。

また、脂肪吸引は技術力の高さがそのまま仕上がりを左右しますので、最新機器や最新の方法だけをうたったようなクリニックには注意が必要です。

未熟な医師は脂肪吸引の際も取り残しや不十分な結果を招くことが多くなります。

さらにカウンセリングが不十分だと、皮下脂肪の量の見当違いが起こり効果が感じられないということも起きます。

脂肪吸引では皮下脂肪しかとることができないので、お尻に皮下脂肪が多いのか、筋肉が大きいのかということをしっかりと確認していることも必要なのです。

上手な医師はカウンセリングも丁寧で、リスク説明や仕上がりのイメージなどもしっかりとレクチャーしてくれることがあり、患者も信頼して大きな手術を任せることができるのです。

脂肪吸引にも大きなリスクが伴いますので、安心して依頼できる医師選びをしましょう。

多角的な視点で診られる医師でないと失敗例も

お尻・臀部の脂肪吸引のバランスを間違われてしまうと、下に垂れ下がるばかりではなく左右の膨らみの違いにも影響してきて、違和感のある形になってしまいます。

名医であれば立っているときの姿勢の状態と座った時のお尻・臀部の形も考慮して手術を行ってくれますが、下手な医師は仕上がりを意識せず脂肪を減らすことだけに集中してしまい、手術台にうつぶせに寝ている状態でのバランスしか見てくれないこともあるため、失敗を避けるためにもいろんな姿勢を考慮したシミュレーションを実施してくれる名医に依頼すべきです。

脂肪吸引で変な位置にくぼみができてしまったり、内出血などがひどくなったり激しい痛みが残るような失敗もあって、修正が必要になってしまわないためにも初めからお尻・臀部に詳しい名医に行ってもらうことで失敗を避けられます。

これから手術を受けたい希望を持ったいる方は、当相談所にて脂肪吸引の名医をご紹介することができますから、ご遠慮なく連絡してください。

お尻・臀部の脂肪吸引の失敗

お尻・臀部の脂肪吸引で起こりえる失敗例、内出血と腫れが取れないなんてあるの?

内出血と腫れが取れない状態が続いて心配になることもあります。

通常の施術でも内出血や腫れは起きて、通常は2週間ほどたてば状態が改善してきます。人によってはそれ以上続くことがあって、原因として考えられるのは医師が必要以上に広範囲の脂肪を取ってしまったときです。

広い面積の脂肪を取る必要があるときには、負担がかからないように何度かに分けて行うことが一般的ですが、医師によっては一挙に行ってしまう人もいて、強い負担がかかったことで内出血と腫れが取れない状態が続くことになっていまいます。

お尻にでこぼこが残って仕上がりがきれいにならない

正しい位置のお尻・臀部の脂肪吸引をしていないと、肌表面にでこぼこが残ってしまうことがあります。中間から深い層の脂肪に対してアプローチすることが本来の方法ですが、慣れていない医師が行うと、しっかり取り除こうとして、浅い層の脂肪まで強引に吸引してしまうと失敗します。

古い装置をいつまでも使っているクリニックでも起きやすく、取りムラが起きてしまっても目立つでこぼこが起きて、見た目が汚いですし施術を受けたとばれてしまいます。

脂肪のつき方に対する配慮が足りないと施術後にたるみが発生

体型や体質などによって、肌質や脂肪のつき方がだいぶ違っているのに、配慮の足りない医師はどんな人でも同じようにお尻・臀部の脂肪吸引を行ってしまい、取りすぎた部分に皮膚のたるみができてしまいます。

吸引するバランスが悪くなってしまい、上部で脂肪が残り下部だけ取りすぎてしまうと、重力によって垂れて、太ももとの際あたりにたるみが起きることもあるため、シミュレーションやデザインをしっかり考える医師に行ってもらうことが大切です。

効果的な修正方法→ベイザー脂肪吸引

お尻・臀部の脂肪吸引の場合、取り残しがあるケースが多く、全体的に垂れていることもあります。こうした場合に有効なのがベイザー脂肪吸引で、背面からも側面からも分かるほど細くすることが出来ます。

そして、腰部の吸引を施すことで、ヒップのサイズを小さくして、垂れた部分をヒップアップすることが出来るわけです。

脂肪吸引の技術が未熟だと、臀部の溝が2本になったりしますが、これも解消することが出来ます。

それでも、垂れた臀部を患者が満足する様に仕上げることは大変な作業になるので、やはり初めから臀部の脂肪は取り過ぎないようにすることが重要だと言えます。

臀部の脂肪の吸引後に、凹凸ができる場合もありますが、これもドクターの技術不足によるものです。

脂肪層を均一に吸引しないことから生じるもので、修正には凹んだ部分に脂肪を注入することになります。

やはり、この修正術も大変な作業で、仕上がりが患者の満足なものになら兄場合も多いわけです。

それ故、お尻・臀部周りの脂肪の吸引を受ける場合には、実績のある信頼できるクリニックで施術を受けることが何よりも大切なことになります。

おすすめの医師の施術できれいなお尻のラインにする

失敗すると体の負担になるだけでなく、やり直しを受ける必要性が出て来たり、不安が続いて精神的にも良くありません。自然で美しい、仕上がりのきれいな状態にしてもらうためには技術のある名医に行ってもらうことが肝心です。初めのカウンセリングから、術後のアフターケアまで安心してお任せすることができます。

当相談所ではお尻・臀部の脂肪吸引のおすすめできる名医がいる美容外科の紹介を行っていますので、気軽にお問い合わせください。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

最近では技術も未熟で経験の浅い意志が安価な費用で美容整形を提供している場合もあり気を付ける必要があります。

費用だけが目安になるわけではありませんが、価格だけで選ぶのは危険ですので、必ず信頼のおける情報をもとに医師選びをする必要があります。

一番大事なのは実際に医師と面会をし、カウンセリングを受けて納得してから手術を決めることなのですが、最初の目安となるものがないとなかなか信頼までは行きつかないのが現実ではないでしょうか。

たくさんの病院を訪ねれば解決するというものでもありません。

口コミや体験談なども参考になりますが、相性というものもあり全ての人に当てはまるという情報は多くはありません。

当相談所では、まずどんなことから始めればいいか分からないという人でも、多くの医師や病院のなかから該当する分野にあったおすすめの名医、おすすめのクリニックを紹介しています。

悪いところを治せばいいという病気治療とは違う美容整形では、美意識、専門性、プロ意識の高い名医を見つけるのが理想の顔やプロポーション、美しさを叶えるために必要です。

これからお尻の脂肪吸引を受けてみたいという人も、まずは当相談所をご利用ください。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*