脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

レーザースタイリングのリスク5選まとめ

レーザースタイリングは運動のように脂肪細胞を小さくさせるのとは違って数そのものを減らせる方法であり、広範囲には向いていない方法ですが部分痩せを半永久的に保たせることが可能で、脂肪吸引などよりも施術時間や負担も少なくて済みます。

波長の違うレーザーをあてることで出血を少なくしながら、皮膚に近い浅い層の脂肪や深層の脂肪それぞれにアプローチできるレーザーの波長も用い、脂肪を効率良く溶かして行きます。

溶けだした脂肪は最終的に老廃物として体外に排出されることとなり、尿や汗と一緒になって出されます。

レーザーによる刺激は脂肪だけでなく皮膚にもあり、活性化してコラーゲンの再構築により皮膚のたるみも部分的に引き締められる効果が期待できます。

レーザースタイリングで照射されるレーザーは使い方を誤るとリスクを伴うものであり、技術を持っていて装置の操作に慣れている医師に施術を受けないとダメージを受けてしまうことがあります。

レーザースタイリングのリスク

レーザースタイリングのリスクまとめ

レーザースタイリングに関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、レーザースタイリングのリスクに関する特集ページを作りました。

リスクを回避するためのクリニック選びもお気軽にご相談ください。

レーザースタイリングのリスク 凸凹(でこぼこ)

レーザースタイリングのリスクとして代表的なものに凸凹(でこぼこ)が有ります。

レーザースタイリングにおいて短時間に大量な量を吸引してしまうと凸凹(でこぼこ)の皮膚感になってしまうリスクが有ります。

凸凹(でこぼこ)を回避するためにはカニューレの種類が豊富で丁寧なクリニックを選択してください。

技術が高いクリニック・ドクターを選択しましょう。

「左右差」が起こるデメリットについて

レーザースタイリングを受けると、「左右差」が起こるデメリットがあります。

これは、医師の技術が不足しているばかりに、左半身あるいは右半身のどちらかに集中的にレーザーを当ててしまうことが要因です。

左右均等に効果を得るならば、バランスを重視した治療をしてもらうことが大切です。

綺麗な状態に仕上げるには、医師を見つける際にカウンセリングを重視して、左右のバランスを考えた治療をしてもらえるか確認する事が重要です。

レーザースタイリングのリスク 感染

レーザースタイリングだけではなく、いずれの治療においても、感染してしまうリスクはあり得ます。

感染はレーザースタイリングのリスクの中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。

レーザースタイリングの治療でも、クリニックによっては短時間で雑な手術をされてしまうケースがあります。

衛生面に配慮されたクリニック・名医は様々な手術において、必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

レーザースタイリングのリスク 吸引後の取り残し

レーザースタイリングのリスクとして代表的なものに吸引後の取り残しが有ります。

吸引後の取り残しは雑な脂肪吸引をしてしまうと起こりうるリスクです。
ベイザーリポ脂肪吸引やボディジェット脂肪吸引などで出来る限り吸引後の取り残しを回避する事も出来ます。

技術が低いドクター・クリニックを選んでしまうとリスクは重なりますので注意して下さい。

レーザースタイリングのリスク 皮膚のたるみ

レーザースタイリングのリスクとして代表的なものに皮膚のたるみが有ります。

通常の脂肪吸引よりもベイザーリポ脂肪吸引やボディジェット脂肪吸引を使用した方が、タイトニング効果が得られるため皮膚のたるみは最小限になります。

ドクターの吸引技術で仕上がりの差は大きく異なります。

脂肪吸引で注意しなければならないリスクとして皮膚のたるみは覚えておいてください。

上手な病院で、尚且つ、丁寧な施術がリスクを回避するポイント

レーザースタイリングは麻酔を行い、部分痩せしたい場所にレーザー管を挿入して施術が行われます。熱が発生するため、過度に照射が行われると皮膚下で火傷を起こす可能性がリスクとしてあります。体内の温度センサーが付いている装置ができたことで改善されてきていますが、医師の技量に左右されます。

丁寧に施術が行われないと体のラインがデコボコとしてしまう可能性もあり、丁寧に行ってくれる医師に施術してもらう必要があります。部位によって施術時間が長くなるため、雑な施術が行われてしまうと仕上がりが良くなりません。施術後の経過を見るための定期検診を設けていないクリニックは、納得できる脂肪融解が行われない可能性が高く、十分な結果が得られていない場所を放置されてしまう可能性があります。

失敗するとダウンタイムが長引くリスクがレーザースタイリングににはあるため、着実な施術をしてくれる技術の高い医師をさがすことが肝心です。相談所においてお問い合わせを頂くことで、名医を紹介させて頂くことができます。

以上、レーザースタイリングにおける代表的なリスクについてまとめました。

今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。

名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*