脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

リポビーン リスクとは?

リポビーンのリスクまとめ

リポビーンに関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、リポビーンのリスクに関する特集ページを作りました。

リスクを回避するためのクリニック選びもお気軽にご相談ください。

失敗しないための脂肪吸引・ベイザーリポの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

リポビーンのリスク 凸凹(でこぼこ)

リポビーンのリスクとして代表的なものに凸凹(でこぼこ)が有ります。

リポビーンにおいては、筋肉の委縮にムラがあると凸凹(でこぼこ)となりますし、脂肪吸引による痩身手術でも短時間に大量な量を吸引してしまうと凸凹(でこぼこ)の皮膚感になってしまうリスクが有ります。

凸凹(でこぼこ)を回避するためには、技術が高いクリニック・ドクターを選択しましょう。
脂肪吸引であればカニューレの種類が豊富で丁寧なクリニックを選択してください。

リポビーンのリスク 感染

リポビーンだけではなく、いずれの治療においても、感染してしまうリスクはあり得ます。

感染はリポビーンのリスクの中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。
フィラーと組み合わせたりするのは辞めた方が良いです。

リポビーンの治療でも、クリニックによっては短時間で雑な手術をされてしまうケースがあります。

衛生面に配慮されたクリニック・名医は様々な手術において、必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

リポビーンのリスク 皮膚の壊死

リポビーンのリスクとして皮膚の壊死が有ります。

血管に材料が入ってしまったりすると、皮膚の壊死が起こりえます。

よっぽど技術が低いドクター・クリニックを選んでしまうとリスクは重なりますので注意して下さい。

リポビーンのリスク 効果が無い

リポビーンのリスクとして効果が無いが有ります。

脂肪溶解注射は皮下脂肪のみに作用しますが、脂肪吸引と比べるとやはり効果が無い事がデメリットとして挙げられます。

リバウンドも想定されますのと、定期的に注射を繰り返す必要があります。

より強力な脂肪溶解注射、プチ整形として、BNLS注射やリポビーンなどの脂肪溶解注射が出てきました。
ご相談窓口にてご説明しますので、ご連絡頂ければと思います。

さいごに・・

以上、リポビーンにおける代表的なリスクについてまとめました。
コンテンツは随時、追加していく予定です。今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。
名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

失敗しないための脂肪吸引・ベイザーリポの整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*