脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

脂肪吸引のリスク・デメリット3つをまとめてみた

脂肪吸引のリスク・デメリット

脂肪吸引の整形を行っているクリニックは数多くございますが、医療ミス・術後のトラブル・修正の口コミ・体験談は後を絶ちません。 現在もなお、技術が低いドクター・管理体制の杜撰なクリニックが手術を行っている現状があり、社会的な問題となっています。

こういった失敗を回避するための介助として、美容整形の相談所では全国のドクターへの取材を元に、これまで累計2万名以上のご相談をしてきた実績があります。

特に脂肪吸引の治療はベイザー脂肪吸引ベイザーリポ、レーザースタイリング、ボディジェットなどの手術は人気の治療方法です。このサイトではこれらの整形において起こり得るトラブル・リスクを解説し、名医をご紹介致しております。

脂肪吸引のリスク・デメリット

ウソでしょ?脂肪吸引の怖いデメリット!でこぼこはなぜ起きる?

脂肪吸引で皮膚の表面がでこぼこに。

脂肪吸引のあとで、皮膚の表面がでこぼこになったり、波打つようになったりする失敗例も多く報告されています。これらも脂肪が均一に吸引されていないことによるもので、ドクターの技術力や機器の性能に問題があると考えられます。

きちんと中間から深い層で吸引がおこなわれず、浅い層の脂肪まで取ってしまうと症状が出やすくなります。こちらの対処法も、取り残しを再吸引するか、取り過ぎたところを増やすことになります。

脂肪吸引のデメリットでよくある左右差

本来左右が同じくらいにならなければ不自然な、頬や二の腕、ウエスト、太ももなどで、明らかに違いが見えてしまうことがあります。原因としては、吸引する量の差がそのままでてしまうということで、事前の計画が十分におこなわれなかったり、ドクターの技量が未熟であることなどが考えられます。

対策としては、バランスがとれるように再度吸引するか、取り過ぎた方に脂肪素材の注入をおこないます。

脂肪と皮膚が不釣り合いになってできるたるみ

豊かだった脂肪のうえでピンと張っていた皮膚は、下の脂肪がなくなることで余ってしまい、垂れさがるようにたるみが出て、ハリが失われたり質感が悪くなったりすることがあります。

こちらもドクターの技術力不足によるものが多く、肌質や脂肪の付き方のタイプなどを見極めない無計画な吸引が原因となります。対処法としては、引き締め効果の高い高周波の熱の照射や脂肪素材の再注入などがあります。

ドクターの技術力の高いおすすめの美容外科

失敗例を見ていくと、デメリットが気になる脂肪吸引ですが、メリットも多くあります。失敗の多くはドクターが正しい知識や技術を持っていれば、防ぎ得ることです。

そこで大切になってくるのはクリニック選び、ドクター選びということになります。いかに信頼できるドクターとの出会えるかが、脂肪吸引の成功のカギということです。当相談所では、安心できるおすすめの美容外科を紹介しておりますので、お気軽にご連絡ください。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果

美容整形・治療・手術

脂肪吸引・痩身治療でトラブルを起こしてしまう事は考えられます。技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。

そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

失敗・修正・再手術

脂肪吸引・痩身治療の美容整形はベイザー脂肪吸引、ベイザーリポ、レーザースタイリング、ボディジェット、NCIR、ふくらはぎ痩身、根こそぎ脂肪吸引などが考えられます。取り過ぎによる凸凹や取り残しなどで修正・再手術をしなければならなくなると厄介なので、是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

吸引後のデコボコなどのトラブルを防ぐためにはかなりの技術が必要で、ドクターも限られてきます。ドクター選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

必ずしも、最新の脂肪吸引機器を扱っているからいって良いとは言えません。

効果・仕上がり・アフターケア

脂肪吸引・痩身治療の美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、皮膚の状態や痩身効果を確認する必要があります。凸凹の皮膚感やたるみが出たりして、整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

脂肪吸引・痩身治療の美容整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

トラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

脂肪吸引・痩身治療の美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットが付き物です。
技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。脂肪吸引・痩身治療の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。ご相談窓口でも説明いたしております。

腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどで隠す事をお薦めいたします。

脂肪吸引・痩身治療のトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。

感染(化膿) 血が溜まる 吸引後の取り残し 吸引後の陥没・凸凹(でこぼこ)
知覚(感覚)麻痺 鈍い・しびれ 皮膚のたるみ 皮膚の色素沈着 傷跡のもり上がり・へこみ・色素沈着 皮膚の壊死 テープかぶれ むくみ 内出血 取り過ぎ ギャザー(シワ) 歩行困難 左右差 細くなっていない 足が疲れやすい

部位・箇所

脂肪吸引・痩身治療の美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

脂肪吸引・痩身治療の美容整形における、お悩み・部位(箇所)については下記をご参照ください。

顔(顎) 二の腕 胸(胸部) 背中 お腹(腹部) ウエスト 腰(腰部) お尻(臀部) 太もも ひざ ふくらはぎ 足首 足(脚)

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*