脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

お腹(腹部)の修正で脂肪吸引を受ける際に注意する点

ダイエットやエクササイズで痩せることができても、お腹(腹部)の部分痩せは難しく、体重などは減ってもお腹(腹部)は細くならないということがあります。この場合効果的な方法は脂肪吸引です。

成功すると確実に効果が期待できるお腹の脂肪吸引ですが、実は失敗する可能性もあるのです。

脂肪を吸引するのは小さい傷から人工的に脂肪を吸いだす手術で、医師に技術が足りないと皮膚が凸凹したり、術後3ヶ月以上経過してもひきつれる感じが残ったり、脂肪を吸引することでお腹にたるみが出ることなどがあります。

脂肪を吸引して皮膚にたるみが出た場合の修正は手術後に引き締めレーザーなどを当てる方法や、傷は残りますが皮膚自体を大きく切り取る方法などがあります。

またハリがなくなりしわっぽくなった場合は、気になる部分に脂肪注入することで改善します。脂肪吸引は修正することができますが、修正や失敗がないように技術が高くデザイン力のある医師に手術をお願いすることが大切です。
お腹(腹部)の脂肪吸引の修正

アフターケアで失敗を防ぐ

お腹(腹部)の脂肪吸引は、部分痩せが可能で確実に効果を出すことができるため、効果的に利用することは悪いことではありません。

お腹(腹部)の脂肪吸引は、修正することが可能ですが、失敗することもあります。

手術後にお腹に段差ができて凸凹が酷くなったり、引き締まらなかった皮膚が下にさがったり、脂肪を摂り過ぎてお腹がしわっぽくなったりする可能性があります。

アフターケアも大切で、自宅ではマッサージやストレッチをしたり、専用の圧迫下着などを着用することなどを行ないます。

お腹(腹部)の脂肪吸引を成功させるためには、技術が高い医師を選ぶだけではなく、理想とする体型をデザインすることができる医師を選ぶ必要があります。

サイトなどで信頼できる医師を紹介している場合があり、そのようなサイトを利用して実際にカウンセリングで、脂肪を吸引することでの効果だけではなく、リスク、アフターケアなどもしっかりと説明してくれ、実際に手術をした経験が豊富な医師を選ぶことが良い選択となります。

加藤紗里の体型を作るにはどんな整形が必要?

加藤紗里は、バスト88センチ、ウエスト56センチ、ヒップ81センチという理想的なスタイルの持ち主です。彼女のような体型にするには、脂肪吸引や豊胸手術を行う必要があります。

脂肪吸引は、二の腕やお腹、お尻、足首などに行い、バストにはシリコンを挿入して豊胸すれば、理想的な体型を手に入れることができます。

どんなダイエットをしても、消えない贅肉は、脂肪吸引で簡単に落とすことができます。

カニューレという細い管を、気になる部分に挿入して、脂肪を吸引していきます。

太るというのは、脂肪細胞に脂肪を取り込みすぎてしまい、膨らんだ状態で、痩せるというのは脂肪細胞に余分な脂肪が蓄えられていない状態です。

そのため、ダイエットで痩せたと思っているのは、脂肪細胞が小さくなっているだけで、この脂肪細胞がまた膨らんでしまうと、リバウンドしてしまいます。

一方、脂肪吸引は、脂肪細胞を小さくするのではなく、脂肪細胞自体を除去するため、部分痩せが可能でリバウンドの心配もありません。

特に、二の腕やお腹などの脂肪は、一度ついてしまうと食事制限や運動などではなかなか落ちにくい部分です。

多くの女性が気にしている下腹部の脂肪は、一度ポコッとでてしまうと、なかなか引っ込んではくれません。

また、太股の内側は、日常的な運動では引き締まることが難しく、セルライトとなってさらに落としにくい脂肪となってしまいます。

こういった自分ではどうすることもできなくなった脂肪を、吸引することで、理想のボディラインを作り出すことができ、即効性があるのがメリットといえます。

ただ、医師の技術が重要な施術となり、リスクやデメリットもありますから、経験豊富な医師を選ぶことが、失敗のリスクを減らすためには重要です。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*