脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

お腹(腹部)の脂肪吸引はリスクを知ってから受けましょう!

お腹(腹部)の脂肪吸引は多くの人が受けたいと考えている手術です。

ひとりひとりの考える理想の体型にするために脂肪の取り方や部位で手術時間やダウンタイム、さらには料金が大きく変わってきます。

勿論殆どの患者は手術に成功しますが、リスクもしっかりと考えて腕のいい医者に手術してもらうことが大切です。

お腹(腹部)の脂肪吸引で考えるべきことはまず2~3週間という少し長めのダウンタイムがあることと、そのダウンタイムの中で多くの方が気にする痛みがあるということです。

術後の3日間は個人差はあるもののじっとしていれば痛くないですが動かすとかなり強い痛みが走る人が大多数です。我慢せずに痛み止めを服用し、圧迫することで痛みはほぼ楽になります。

ちなみに、術後の当日は安静に過ごすべきですが翌日には無理ない範囲で動いた方が痛みが抑えられ早く引いていきます。

また、手術に対する恐怖も痛みを増幅することがあるのでリラックスすることが大切です。

お腹(腹部)の脂肪吸引のリスク

長めのダウンタイムと痛みあり

痛みの他にも考えられるリスクはあります。

痛みは圧迫することで抑えられると先に述べましたが、脂肪吸引は青あざが長く残ることがほとんどです。時間がたてば勿論消えますが、痛みと合わせて痛々しい印象を持たれるのでなるべく露出した格好は控えるべきです。

その他にも皮膚に凹凸ができますが、こちらは消えるまでの期間がとても長く三カ月程度かかってしまいます。

このようにお腹(腹部)の脂肪吸引は少々多いリスクを伴います。

ですが、血液や水分が集まるのを抑えることができるので手術部位を圧迫することにより術後の痛み、むくみ、内出血を軽減することが可能です。

さらに、お腹(腹部)は圧迫することで最終的な仕上がりのラインがより美しくなる部分ですから最初の一週間はしっかりと圧迫することがとても重要になってきます。

圧迫下着についてはそれぞれのクリニックの指導に従うのが一番なので、しっかりと守りましょう。

こちらで名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご相談ください。

ダイエットに失敗した方におすすめ

女性の多くは、ダイエットの経験があるのではないでしょうか。
厳しい食事制限、定期的な運動など誰しも一度は行った事があると思います。

しかし、いくら我慢したり、努力しても結果は中々ついてきません。

体重が落ちてもお腹周りの脂肪が落ちなかったり、足が細くならなかったり、理想の体型になるのは難しいのです。

そこでどうしても理想の体型になりたい!お金がかかっても良い!と言う方におススメが脂肪吸引です。
脂肪吸引は、努力では解決しない脂肪を手術によって、無くす事出来るのです。

しかし、リスクもあります。
技術力の無い医師によって手術し、失敗した例は意外と数が多いです。

くびれたウエストを手に入れるには、技術力の高い美容外科クリニックでお腹(腹部)の脂肪吸引をする必要があるのです。

美容外科クリニックは全国各地にありますが、特に技術力が高く、首都圏などには、技術力ある医師と信用出来る美容外科クリニックが沢山ありますので、口コミなどで探す事をおススメします。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*