脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

知っておいてほしいお腹(腹部)の脂肪吸引のダウンタイム

ブヨブヨとたるんだお腹(腹部)を何とかしたいと、ミドルエッジに入った女性の多くが持つ悩みです。ちまたに溢れる様々なエクササイズやダイエット補助サプリを試してみるものの、なかなか結果が出ずに長続きしなかったりと、お腹周りのダイエットは意外と難しいものです。そんな、女性達の救世主となるのが、お腹(腹部)の脂肪吸引です。短い時間であっという間にすっきりぺったんこのウェストラインを手に入れられるということで、興味を持つ女性も多いでしょう。しかし、脂肪吸引は外科的施術となりますので、当然、それに伴うデメリットもあります。その一つとしてあげられるのが、施術によって引き起こされた痛みや腫れがひくのにある一定の期間が必要となる事です。この期間は「ダウンタイム」と呼ばれ、個人差もありますが、全体の症状が治まり、解消されるまでには3ヶ月以上のダウンタイムが必要となるのです。
この期間中にはいくつかの制約も有り、日常生活に支障を来すケースもありますので、施術前に充分にダウンタイム似関しての知識を得ておく必要が有ります。
お腹(腹部)の脂肪吸引のダウンタイム

術後の経過は?

お腹(腹部)の脂肪吸引後に出る症状としては、痛み、腫れ、内出血、かゆみ、拘縮(筋肉の収縮)、傷跡などがあります。これらの症状を緩和・解消する為にダウンタイムが必要となります。ダウンタイムは症状別に異なり、例えば、痛みに関しては、3日間は強い痛みを感じます。鎮痛剤などで緩和は可能ですが、施術後3日程度が安静が必要となるでしょう。その後も1?2週間、筋肉痛の様な鈍痛が続きます。腫れ、内出血に関しては、一週間程は見た目が酷い状態ですが、1?2週間後には自然と解消されて行きます。かゆみに関しても同様に、1?2週間程で解消されます。施術後、二週間程してから始まる筋肉の収縮(拘縮)に関しては、解消に二ヶ月程度掛かりますが、マッサージやストレッチを取り入れる事で、解消期間を早める事が可能となります。お腹(腹部)脂肪吸引によって残る傷跡に関しては、個人差もありますが、施術後、6ヶ月程度で気にならない程度まで回復するでしょう。1?2年後にはほとんど目立たない状態になります。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*