脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

二の腕の脂肪吸引のダウンタイム期間のタブー

肩先からすらりと伸びたスレンダーな腕はそれだけで、洋服をオシャレに着こなせてしまいます。女性なら誰しも、モデルさんの様な美しい腕のラインを理想としているでしょう。多くの二の腕エクササイズがちまたに出回っていますが、一方でなかなか効果が得難いのも二の腕痩せダイエットです。簡単に理想の二の腕を手に入れたい女性にとって脂肪吸引はまさに「神様の救い手」と言えるでしょう。しかし、脂肪吸引は外科的施術となりますので、当然、施術に伴うデメリットもあります。その一つとしては挙げられるのが一定期間必要とされる「ダウンタイム」です。ダウンタイムとは施術によって引き起こされた腫れや痛み、拘縮、しびれなどの症状を緩和解消する期間の事です。症状によってその期間は異なり、短いものでは2?3日で解消されますが、長いものでは半年から一年近く掛かるものも有ります。また、ダウンタイム期間中には、幾つかの注意事項も有りますので、その期間は注意事項に従って、症状の改善・解消に努める必要が有ります。
二の腕の脂肪吸引のダウンタイム

段階的に起きる症状

二の腕脂肪吸引などの外科的施術によって引き起こされる症状としては、痛み、腫れ、内出血、かゆみ、むくみ、拘縮(筋肉の縮小)、しびれや感覚低下などの知覚低下があります。このような症状を緩和・改善する為に一定期間の時間を必要とします。「ダウンタイム」と呼ばれるこの期間は、症状によって異なっています。大きな痛みは2?3日程度でひきますが、その後しばらく、筋肉痛の様な鈍い痛みが1?2週間は継続します。腫れや内出血に関しても、同様に1?2週間は症状の解消に必要です。むくみ、かゆみに関しては、約1ヶ月程度続きますが、マッサージやストレッチで症状を緩和する事が可能となります。術後2週間あたりから起こる筋肉の収縮(拘縮)に関しては、症状が改善されるのに2?3ヶ月要するでしょう。知覚低下は個人差もありますが、2?3ヶ月後には概ね解消されます。二の腕の脂肪吸引後に、このような症状が現れているうちは飲酒、過度の運動などは出来るだけ避けた方がよいでしょう。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*