脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

NICRのデメリット重要3つって何なの?

NICRとは、切らないふくらはぎ縮小法のことで、ラジオ波を用いてふくらはぎの筋肉の神経伝達を遮断することで、筋肉を細くしていく方法です。

以前のふくらはぎ痩身法といえば、切開式で、ふくらはぎの内側にしか効果がありませんでしたが、NICRは切開しないため傷跡も目立たず、治療を繰り返す必要もないのが特徴です。

ただ効果が高い反面、細くなりすぎる、知覚障害を起こすなどのデメリットもあり、皮膚からの知覚神経を触ったりすると、一時的に知覚障害が起こる可能性があります。

一部のクリニックでは、事前のカウンセリングが数分で終わったり、アフターケアもない場合もありますから、失敗を回避するためにも、技術の高いクリニックや医師を選択する必要があります。

NICRは現在人気の高い美容整形手術ですから、治療を受ける前には、メリットだけでなくデメリットやリスク、トラブル、後遺症などをきちんと説明してくれる医師を選びましょう。

NICRのデメリット

人気だがご利用は慎重に

NICRは切らないふくらはぎ整形ということで、現在人気の美容整形手術です。

傷跡も残らず、気になるふくらはぎを細くできる施術ですが、メリットだけでなくデメリットもあることを知っておくことが大切です。

NICRに関して、事前のカウンセリングでリスクが説明されず、手術後にリスクが生じて初めて気づくという場合もあります。そのため、リスクを回避するために、クリニック選びが重要となります。

NICRのデメリットとして、代表的なものに筋肉の萎縮にむらがあり、皮膚が凸凹になる症状があります。これは短時間に大量の量を吸引してしまうと起こる症状で、これを回避するには、医師の技術が必要となってきます。

また衛生面の整っていないクリニックの場合、感染するリスクもありますから、衛生面に配慮されたクリニック選びも重要となってきます。

さまざまなリスクを回避するためにも、クリニックや医師選びを慎重におこなうことがもっとも重要となってきます。

理想と違う!歩行障害になるのはナゼ?NICRの隠されたデメリット

「歩行障害」デメリットについてまとめます。

NICRの手術で、もっとも心配なのが歩行障害です。
手術によって、ふくらはぎの筋肉を減退させていくので、最初の数日はツッパリ感があったり、かかとをつけて歩くことがしにくい場合があります。

未熟な医師による手術を行った場合に、筋肉へのダメージを与えすぎてしまったり、雑な処理を行われることで起こりやすくなります。
信頼できる技術力の高い医師に手術を依頼したり、クリニックの衛生管理などもチェックしましょう。

「左右差」のデメリットについて

NICRは、皮膚の切開をしなくてふくらはぎを細くする美容整形手術です。
ふくらはぎの筋肉へ、ラジオ波を使用して刺激を与えることで減退させることが出来ます。
ふくらはぎについている筋肉を減退させることで、ほっそりとしたきれいな脚のラインを作ることができます。

しかし、仕上がりの状態が完全に左右対称になることはほとんどありません。
左右差が激しい場合には、修正手術が必要となります。

「でこぼこ」デメリットについて

NICRの手術は、ラジオ波を使用して筋肉を減退させていくことで、脚のラインを細く美しくしていきます。
脂肪吸引に比べると、仕上がりのでこぼこのリスクは低くなりますが、ゼロではありません。
また、皮膚のたるみなどは残ってしまいます。

もともとの体型や手術による影響などを考慮して、皮膚のたるみがひどい場合には切除手術も必要となります。
たるみから、仕上がりの状態がでこぼこに見えることもあります。

慎重にクリニック選びをすることがおすすめ

美容整形手術には、必ずメリットとデメリットがあります。
美しくなりたいだけでなく、きちんとデメリットも知っておくことがとても大切です。

また、手術費用だけで比較するのではなく、クリニックの口コミや、医師の実績などもチェックしておくと良いでしょう。

医師の技術力によって、仕上がりの状態に差が出てしまったり、手術後のリスクなども変わってきます。
慎重に選ぶことが大切なポイントです。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*