脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

胸部の脂肪吸引のアフターケアでしてはいけないこと

胸部が大きすぎる悩みに対してアプローチできる方法として、以前は大きく切開して行われる方法が主流であり、体に大きな負担がかかってしまうものでしたが、医療技術や知識の向上とともに脂肪吸引の機器が改良され、複雑で細かな部位にも安全に対応できるようになったため、胸部を脂肪吸引によりボリュームを抑えることができるようになってきました。

筋肉を傷つけるわけではなく、いらない脂肪がなくなるだけであるため安易に考えてしまう人もいますが、アフターケアはとても大切でやり方を間違ってしまうと線維を傷つけてしまったり、傷口からの出血や炎症を起こしてしまう可能性もあります。

負担の少ない手術でリスクを高めてしまうことがないように、医師の指導のもと適切な対応をするべきで、ダウンタイムが少ない分、腫れや痛みが引くまでは生活の中での行動に注意を払い、定期的な通院で経過を確認してもらうことも忘れずに行い、胸部脂肪吸引を成功させましょう。
胸部の脂肪吸引のアフターケア

苦しくても妥協しない

胸部脂肪吸引を行うときは、脇の下など傷跡が目立ちにくい部分からアプローチを行い、乳腺と筋肉の間にある脂肪をバランスよく取り除いていくことになります。あまりとりすぎてしまうと形や左右のバランスが悪くなったり、垂れ下がってしまう危険があるため名医に実施してもらうことが必要です。アフターケアとして術後圧迫着が必要になる人もいますが、苦しいので普通の下着などで済ませてしまうときれいな仕上がりにならないことがあります。

術後3日程度は強い痛みが残るため安静が必要ですが、外出したり働きに出たりすると痛みや腫れが悪化してしまうことがあります。術後の体の防御反応で、胸部の脂肪吸引した部分が強張ることがあり、マッサージが必要になりますが適当にしてしまうとしこり状になってしまったりして、固くなった部分がいつまでも残ってしまいます。

アフターケアで行ってはいけないことまで丁寧に指導してくれる名医を探している方は、相談所にてご紹介できますからお問い合わせをお願いします。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*