脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

メソセラピー(脂肪溶解注射)のダウンタイムってあるの?

メソセラピー(脂肪溶解注射)は体にメスを入れず、部分痩せを可能とした医療痩身です。
プチ整形としても知られており、手軽に受けられるとして人気を集めています。
この医療痩身は大豆由来の薬剤で、脂肪を溶かし痩身効果を発揮するのが特徴です。
溶かされた脂肪は老廃物として、体外へ排出されるので体の中に溜まってしまうという事はありません。
大豆アレルギーを持っている方は、施術を受けられませんが副作用のリスクも少なく、安全性の高い点がメリットです。
また注射器での施術ですので、比較的ダウンタイムは少ないと言われています。
しかし、体質などによってはメソセラピー(脂肪溶解注射)を受けた後、1週間程度の痛みは腫れを感じるケースがあるようです。
もし、痛みがある場合は痛み止めで対処しましょう。
食事制限や運動といった、基本的なダイエットでは落ち難い、二の腕やお腹回りといった脂肪を手軽に落とすのに、メソセラピー(脂肪溶解注射)はおすすめです。
メソセラピー(脂肪溶解注射)のダウンタイム

内出血が出ることもある

メソセラピー(脂肪溶解注射)は比較的、ダウンタイムが少ない医療痩身と言われています。
しかし、注射器で薬剤を注入するという施術を行う以上、ダウンタイムはゼロではありません。
施術後に起こる症状として挙げられるのが、「内出血」です。
風邪の時などに注射をした際、内出血を起こした事のある方も多いでしょう。
メソセラピー(脂肪溶解注射)も、同じ注射針を刺す施術を行うので、場合によっては内出血を起こします。
また、施術後に筋肉痛のような痛みを感じるケースもあるようです。
施術部位や体質によっては、腫れが強く出る事があります。
このような症状は1週間程度、続くと言われているので事前に、このような症状が出る期間を考えて、施術を受けるタイミングを決めましょう。
ダウンタイムだけでなく、体に施術を行う以上、失敗のリスクもつきものです。
メソセラピー(脂肪溶解注射)を受ける際は、失敗のリスクを最小限に抑える為、名医と言われる医師がいるクリニックを選びましょう。
当相談所で名医のご紹介をしています。
クリニック選びに悩んだら、気軽にご相談ください。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*