脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

メソセラピー(脂肪溶解注射)のアフターケアで気をつけたいこと

無理な食事制限やハードなエクササイズを頑張ってみても、気になるボディサイズを減らすのは中々難しいものです。最近では美容外科などで脂肪吸引を受ける方も多いと言います。とはいえ初めての方は脂肪吸引と聞くと、少なからず怖いイメージがあるのも事実です。そんな女性達に近年噂になっているダイエット法に、メソセラピー(脂肪溶解注射)という施術があります。メソセラピー(脂肪溶解注射)は脂肪細胞に直接注射で薬剤を注入していく方法です。この施術は脂肪吸引とは異なりメスを使用しないというのが最大の特徴とも言えます。気になるダイエット効果は、余分な脂肪を溶かして体外へ排出しやすくするというのがそのメカニズムです。サイズダウンしたいパーツに施術を行えば、有効成分が脂肪細胞に働きかけて徐々に脂肪を分解して溶かしていくと言います。メソセラピー(脂肪溶解注射)を受けようと決めたら、費用やダウンタイム・アフターケアについても確認を行うことが大切です。
メソセラピー(脂肪溶解注射)のアフターケア

短時間だが回数が多い

メソセラピー(脂肪溶解注射)は施術時間も約5分から10分以内で、極細の専用針で注入を行うため気になる痛みは少ないのも特徴です。また入院や通院の必要はなく日帰りでの施術が可能です。アフターケアは必須で注射を施したパーツを念入りに揉みほぐすことで、より一層余分な脂肪を排出しやすくなるなどの効果があると言います。メソセラピー(脂肪溶解注射)は痛みもなく傷跡も残らず、気になる部分のサイズダウンを叶えてくれる女性にとっては夢のような施術です。その一方でメソセラピー(脂肪溶解注射)は、一回では大きなダイエット効果を実感するのは難しいようです。確実に大きな変化を実感したのであれば、複数回施術を繰り返す必要がありその分費用もかさむのが唯一のデメリットだと言えます。とはいえ脂肪吸引のようにダウンタイムやリスクがある施術とは異なり自然に脂肪を取り除く施術は他にはないので、安全性の高い痩身術という点では非常に優れていると言えるでしょう。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*