脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

思わず抱きしめたくなる華奢な身体に!リポビーンの効果3つ

部分痩せしたいけれども、脂肪吸引手術を受けるまでではないという人に向いているのが、リポビーンです。脂肪溶解注射の一種で、従来のメソセラピーよりも腫れやかゆみといった術後の作用が出にくいというメリットがあります。

大豆由来の薬剤なので大豆アレルギーのある人には使えません。

リポビーンは医療用薬剤に認可されているので、安全に利用することができます。

平均して3?4週間間隔で5回ほど施術を受ければ、効果が実感できるようになります。脂肪吸引手術だと急激に変化が出て周りに気付かれてしまいますが、リポビーンは徐々に薬剤の作用によって痩せさせていくので周りに気付かれにくいです。

脂肪溶解注射は、脂肪細胞の数そのものを減らすことができるので、食事制限や運動によるダイエットのリバウンドのようなことを防ぐことができます。

たとえ食べ過ぎてしまっても、膨らむ脂肪細胞の数そのものが減っているので、太りにくい身体になります。

リポビーンの効果

太りにくい体質になる

リポビーンは、脂肪を溶解させることに効果がある薬剤です。注射などで体内に入れることによって、脂肪を破壊してもらうことができるため、効果的に痩せることができます。

脂肪は、成人になると、細胞の数自体が増えることがないため、1度破壊してしまうと、太りにくい体にすることが可能になっているため、とても大きな効果を得ることができます。

薬剤を入れる部分を変えることによって、きれいなボディラインを作り上げてもらうこともでき、非常に評判が高い治療法になっているため、魅力が多くなっています。

広範囲除去に効果あり

リポビーンは脂肪層に直接注入するので、気になる部位の脂肪をピンポイントで落とすことができます。脂肪吸引は広範囲の脂肪除去には向いていますが、狭い範囲を滑らかにするのにはあまり向いていません。

リポビーンであれば、セルライト(脂肪と老廃物が合体したもの)で凸凹になった部分にピンポイント注射して、脂肪を分解・排出することで滑らかにする効果も得られます。

頭から足まで、脂肪がついている部位に対してはどこでも注射可能なので、気になる脂肪を落としてボディラインを整える効果も得られます。

脂肪細胞が減れば半永久的に太りにくい身体を手に入れることができるので、太りやすい体質が気になっているという人の問題解決にも向いています。

リポビーンはメスを使わずに簡単にできる施術ですが、医師の腕によってはデザインが崩れてしまったり、腫れが強く出てしまうことがあります。

安全性を第一にするのであれば、適切な情報を提供している当相談所の名医紹介を利用すると良いです。

術後の経過とリバウンドについて

リボビーンは注射をするだけですので失敗が少なく、溶解した脂肪は自然に体外に排出されるので体調不良の問題もありません。

顔など目立つ部分に注射したときだけ、ダウンタイムが1日ほどかかり、腫れや赤みが出ることがありますが自宅で静養していればおさまります。

リポビーンは1か月単位で5回ほど行うと自然にサイズダウンできます。

メソセラピーなどの脂肪溶解注射とは違い、腫れやむくみが起きづらいうえ、1回15分程度で終了するので忙しい方でも簡単に利用できます。

先進的な美容形成外科や美容皮膚科では導入が進んでおり、脂肪細胞そのものが減少するのでリバウンドしづらくなると評判になっています。

リポビーンなら傷跡が残りませんし、1回2万円程度ですが5回セットにすると安いうえ、効果を実感できると評判です。
値段も高級美容コスメやエステサロン、ヘアサロンとそれほどかわらないくらいですから、気軽に利用できます。

マッサージやウオーキングなど適度な有酸素運動が脂肪の溶解や排せつを促進するので、運動が習慣になり健康的な生活ができるようになったという声もよく聞かれます。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*