脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

リポビーンのアフターケアは疎かにしちゃダメ!

自己流ダイエットでは体重が減らなかったりリバウンドしたり、という人はクリニックでの施術という手もあります。痩身を希望するなら切る方法と切らない方法とがありますが、リポビーンは切らない痩身手術です。痩せたい部分にリポビーンを注射することで脂肪が溶解され、痩せることができるのです。
皮下脂肪があるところならさまざまなところに注射することができるので部分痩せが可能です。切って脂肪吸引してというのは恐いという人も注射するだけなので安心です。それでいて、従来の脂肪溶解注射と比べて強力な効果が得られるというメリットがあります。

1箇所につき15分程度と短時間の施術で1ヶ月に1回、全部で5回ほど行なうと効果が見えてきます。ゆっくりペースのため、周りに気づかれることなく部分痩せすることができるのです。
ただ、失敗やトラブルが起こらないためには事前カウンセリングとアフターケアの万全な信頼できる医師選びが大切です。
リポビーンのアフターケア

受けられない条件をチェック

リポビーンはメスを使わず注射だけの施術方法のため傷跡が残ってしまうというような心配はありません。
リポビーンで溶解された脂肪は尿などの形で体外に代謝されることになり蓄積する心配もありません。
15分程度の施術で終わり、身体への影響も比較的軽くてすむので腫れることも少なく、効果に期待も持てます。

ただ、個人差というのがある以上、アフターケアは万全なところを選びましょう。稀にアレルギー反応が出ることもあります。また、治療時間は短いものの、何回かは通わなければ効果は出てきません。

ダウンタイムは1日から3日程度ですが、その間ずっと痛みがある方もいるので、クリニックから鎮痛剤を処方してもらうようにしましょう。大豆アレルギーがある方や肝障害の方、未成年者や妊婦などは治療を受けることができません。

メスを使わず注射だけの治療なので、治療後の日常生活に制限はありませんが、激しい運動をするなど血流がよくなることは避け、安静にすごしたほうがよいでしょう。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*