脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

脂肪吸引・ベイザーの経過

脂肪吸引・ベイザーの経過

脂肪吸引の美容整形で効果、仕上がりとして気になるのが経過です。脂肪吸引はベイザー脂肪吸引、レーザースタイリング、ボディジェット、ミケランジェロ、ベイザーリポ、レーザースタイリング、ボディジェット、脂肪溶解注射、メソセラピー、ふくらはぎ痩身、下腿筋萎縮、大根足修正、ふくらはぎ、筋肉削除術などの様々な方法がありますが施術内容や方法により経過が異なります。リスクやトラブルを回避するためには名医を選ぶ必要があります。

脂肪吸引の場合、施術の効果が現れるまでには時間がかかります。
術後に現れやすい症状としては、以下の通りです。
ほてり・・術直後から2-3日、炎症を抑える薬を服用
痛み・・・術後3日間がピーク、筋肉痛に似た痛み鎮痛薬と圧迫固定で対応
内出血・・術後2週間程度、術後1週間経ったらマッサージなどで血行促進
腫れ・むくみ・術後1週間、術後1週間経ったらマッサージなどで血行促進
しびれ・・術後2日程度、長引くようならビタミン剤を服用
かゆみ・・術後から3ケ月程度、炎症を抑える薬、かゆみ止めを使用
色素沈着・術後から3ケ月程度、美白剤を使用
拘縮・・・術後1週間から3ケ月程度、マッサージやストレッチで血行促進
傷跡・・・術後1ケ月から半年、美白剤とUVケア
たるみ・・術後1ケ月~3ケ月、重度の場合は手術で修正

通常の回復期間が過ぎても気になる症状が治らない場合、仕上りの良し悪しに関する問題かもしれません。修正施術が必要になることもあります。

トラブルが出ない様に術後に考慮して決定する必要があります。カウンセリングの段階で十分に注意して、ドクターと相談する必要があります。

失敗を回避するためにも名医を選択しなければなりません。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS

脂肪吸引・ベイザーの経過 症例写真

脂肪吸引・ベイザーの経過 美容整形・治療・手術

脂肪吸引・痩身治療でトラブルを起こしてしまう事は考えられます。

技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。

そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

脂肪吸引・痩身治療の美容整形の種類については下記をご参照ください。

脂肪吸引、ベイザー脂肪吸引、ボディジェット脂肪吸引、ミケランジェロ、ベイザーリポ、レーザースタイリング、ふくらはぎ痩身(下腿筋萎縮)、大根足修正(ふくらはぎ)、筋肉削除術(ふくらはぎ)、筋萎縮術(ふくらはぎ)、NICR、メソセラピー(脂肪溶解注射)、リポビーン、BNLS注射、スマートリポ、根こそぎ脂肪吸引、シリンジ治療法、超音波脂肪吸引、体内外式脂肪吸引、浅層脂肪吸引、チューメセント、ハイパーインフレート、PAL脂肪吸引、ベントエックスリポサクション、超音波エルコニアレーザー、ボディタイト、サーモコン(TCR)、ヴィラシェイプ、エクシリス(EXILIS)、リジェンスリム、ヴィーナス痩身、カーボメッド、エンダモロジー、ウルトラアクセント、キャビテーション、アキュシェイプ、ウルトラゼット、プラズマリポ、バッカルファット

脂肪吸引・ベイザーの経過 失敗・修正・再手術

脂肪吸引の美容整形はベイザー脂肪吸引、ベイザーリポ、レーザースタイリング、ボディジェット、NCIR、ふくらはぎ痩身、根こそぎ脂肪吸引などが考えられます。

取り過ぎによる凸凹や取り残しなどで修正・再手術をしなければならなくなると厄介なので、是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

吸引後のデコボコなどのトラブルを防ぐためにはかなりの技術が必要で、ドクターも限られてきます。ドクター選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

必ずしも、最新の脂肪吸引機を扱っているからいって良いとは言えません。

脂肪吸引・ベイザーの経過 効果・仕上がり・アフターケア

脂肪吸引・痩身治療の美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、皮膚の状態や痩身効果を確認する必要があります。凸凹の皮膚感やたるみが出たりして、整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

脂肪吸引・痩身治療の美容整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

脂肪吸引・ベイザーの経過 トラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

脂肪吸引・痩身治療の美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットが付き物です。
技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。

脂肪吸引・痩身治療の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。ご相談窓口でも説明いたしております。

腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどで隠す事をお薦めいたします。

脂肪吸引・痩身治療のトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。

感染(化膿) 血が溜まる 吸引後の取り残し 吸引後の陥没・凸凹(でこぼこ)
知覚(感覚)麻痺 鈍い・しびれ 皮膚のたるみ 皮膚の色素沈着 傷跡のもり上がり・へこみ・色素沈着 皮膚の壊死 テープかぶれ むくみ 内出血 取り過ぎ ギャザー(シワ) 歩行困難 左右差 細くなっていない 足が疲れやすい

脂肪吸引・ベイザーの経過 部位・箇所

脂肪吸引・痩身治療の美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

脂肪吸引・痩身治療の美容整形における、お悩み・部位(箇所)については下記をご参照ください。

顔(顎) 二の腕 胸(胸部) 背中 お腹(腹部) ウエスト 腰(腰部) お尻(臀部) 太もも ひざ ふくらはぎ 足首 足(脚)

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*