脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

脂肪吸引・ベイザーで痩せる体型・スタイルになるか?

脂肪吸引・ベイザーで痩せる体型・スタイルになるか?

脂肪吸引の美容整形で効果、仕上がりとして気になるのがカタチです。脂肪吸引はベイザー脂肪吸引、レーザースタイリング、ボディジェット、ミケランジェロ、ベイザーリポ、レーザースタイリング、ボディジェット、脂肪溶解注射、メソセラピー、ふくらはぎ痩身、下腿筋萎縮、大根足修正、ふくらはぎ、筋肉削除術などの様々な方法がありますが施術内容や方法によりカタチが異なります。リスクやトラブルを回避するためには名医を選ぶ必要があります。

脂肪吸引は、骨格や脂肪の量が人によって異なります。脂肪をたくさん取るだけという考え方では、不満足な結果となってしまいます。一人ひとりの体型に合わせて、施術方法を選択することが大事です。

トラブルが出ない様にカタチに考慮して決定する必要があります。カウンセリングの段階で十分に注意して、ドクターと相談する必要があります。

失敗を回避するためにも名医を選択しなければなりません。

脂肪吸引・ベイザーで痩せる体型・スタイルになるか?

北川景子のような体型になるために必要な整形

テレビや映画で活躍している女優の北川景子さんのような、スリムな体型になりたいと思ってダイエットをしているけれど、なかなか成功しないという方は、美容外科で脂肪吸引を受けることをおすすめします。

スポーツジムで汗を流したり、大好きな甘いものを食べるのを我慢するような日々を続けても、思うように体重を減らすのは難しいですし、リバウンドを起こして、さらに太ってしまうこともあります。

自分一人の努力ではとても北川景子さんのような体形にはなれないという方でも、美容外科で脂肪吸引を受ければ、驚くほど短期間で近づけるので試してみると良いでしょう。

必死にダイエットをして、体重が減ったとしても、二の腕やお腹、お尻、太ももなどの気になる脂肪がピンポイントでなくなってくれるとは限りません。

なくしたくなかった胸の脂肪が減ってしまうかも知れないので、自力でダイエットに成功するのは難しいですが、脂肪吸引なら痩せたい部分だけを痩せられるので、理想的なスタイルになることが出来ます。

カニューレと呼ばれる吸引管を使い、細くしたい部分の脂肪細胞を吸引する痩身法で、脂肪細胞自体を吸引できることから、リバウンドの心配が少ないのが魅力です。

太る原因は脂肪細胞にありますが、この施術を受ければそれを減らせるので、術後は脂肪がつきにくくなります。

痛いのは苦手だし、怖くてたまらなので、なかなか脂肪吸引を受ける気になれないという方もありますが、麻酔をしてから行うので、当日は何も感じなくて済みます。

術後は腫れやむくみなどのダウンタイムが2~3週間程度は続きますが、痛みどめの薬を飲んだり、安静にしていれば次第に治まるので心配することはありません。

なかなか治まらないときは担当医に相談するようにしましょう。

脂肪吸引・ベイザーのカタチ 症例写真

症例画像①

脂肪吸引・ベイザーのカタチ 美容整形・治療・手術

脂肪吸引・痩身治療でトラブルを起こしてしまう事は考えられます。

技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。

そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

脂肪吸引・ベイザーのカタチ 失敗・修正・再手術

脂肪吸引の美容整形はベイザー脂肪吸引、ベイザーリポ、レーザースタイリング、ボディジェット、NCIR、ふくらはぎ痩身、根こそぎ脂肪吸引などが考えられます。取り過ぎによる凸凹や取り残しなどで修正・再手術をしなければならなくなると厄介なので、是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

吸引後のデコボコなどのトラブルを防ぐためにはかなりの技術が必要で、ドクターも限られてきます。ドクター選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

必ずしも、最新の脂肪吸引機を扱っているからいって良いとは言えません。

脂肪吸引・ベイザーのカタチ トラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

脂肪吸引・痩身治療の美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットが付き物です。
技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。脂肪吸引・痩身治療の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。ご相談窓口でも説明いたしております。

腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどで隠す事をお薦めいたします。

脂肪吸引・痩身治療のトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。

感染(化膿) 血が溜まる 吸引後の取り残し 吸引後の陥没・凸凹(でこぼこ)
知覚(感覚)麻痺 鈍い・しびれ 皮膚のたるみ 皮膚の色素沈着 傷跡のもり上がり・へこみ・色素沈着 皮膚の壊死 テープかぶれ むくみ 内出血 取り過ぎ ギャザー(シワ) 歩行困難 左右差 細くなっていない 足が疲れやすい

脂肪吸引・ベイザーのカタチ 部位・箇所

脂肪吸引・痩身治療の美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

脂肪吸引・痩身治療の美容整形における、お悩み・部位(箇所)については下記をご参照ください。

顔(顎) 二の腕 胸(胸部) 背中 お腹(腹部) ウエスト 腰(腰部) お尻(臀部) 太もも ひざ ふくらはぎ 足首 足(脚)

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*