脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

腰部の脂肪吸引に失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

腰部の脂肪吸引は、とても失敗が怖いとされています。

なぜならば、特に女性の場合には、出産などを行う際には、腰部がとても大切な部分であり、万が一に脂肪吸引で失敗をしてしまうと、腰などがうまく機能してしまわなくなってしまう、このような怖さがあるからです。

またそれと同時に、万が一にも失敗を脂肪吸引でされてしまった際には、重大な後遺症が残ってしまうといわれています。

そのため、とても怖い部分であると同時に、赤ちゃんを希望しているお母さんや若い人などの場合には、特にこのような脂肪を吸引することへの、配慮をとても注意しなければなりません。

そうでなければ、万が一にも、うまくいかなかった場合には、将来、出産をすることが難しくなってしまうかもしれないという、大きなリスクが起こってしまうからなのです。

このように腰はとても大切な体の一部であり、とてもリスクが大きい体の部分でもあるため、非常に大切にしなければならないのです。

腰部の脂肪吸引で仕上がりに満足がいかなかったときは、他のクリニックなどで施術の修正を受けることができます。ここでは腰部の脂肪吸引の修正について解説いたします。

腰部の脂肪吸引に失敗するとどうなってしまうの?

上手な医師・クリニックの特徴

腰部の脂肪吸引というのは、女性らしいボディラインを作り出すために重要な部分といえますが、その分医師の技術やセンスが大変重要となります。

腰部やお腹、ウエストというのは、美しいボディラインを作る上でももっとも引き締めて起きたい部分ですが、ダイエットをしてもなかなか深い層の脂肪を小さくするのは難しいといわれています。

つらい運動や食事制限でダイエットに成功したとしても、脂肪細胞が小さくなっているだけですから、リバウンドする可能性が高くなってしまいます。

腰部の脂肪吸引は、おへその中や下腹の下着で見えなくなる部分から、カニューレを挿入して脂肪を吸引していきますから、傷跡も目立たずに、周囲に手術をしたということがばれにくいという特徴があります。

ただ、経験が浅い医師の場合、患者の脂肪の付き方などをよく把握しないまま、脂肪を吸引してしまうため、必要以上に吸引してしまいでこぼこができてしまったり、たるみの原因になってしまいますから、上手な医師を選ぶことが大切です。

上手な医師というのは、事前のカウンセリングでしっかりと患者の要望を聞き、適した治療法で施術を行いますから、理想的なボディラインを作り出していくことができます。

腰はデリケートな部分・失敗例も

昔から、よくお母さんやおばあちゃんに言われたことがある女性の方も、とても多いと思いますが、腰部は、女性の体にとって、とても大切な体の一部となっています。

生理の痛みをなくしてくれるのも、腰部をあたためればよくなるように、腰は冷えなどにもとても弱い部分であると同時に、ある意味とても敏感な部分でもある体の一部なのです。

そのため、しっかりと健康管理などをおこなったり、体を温めて腰を大事にしていれば、問題は起きませんが、万が一にも腰を大事にしていないと、体の大きな不調と出産などにもかかわってしまう部分なのです。

そのため、脂肪吸引に失敗してしまった場合には、その後遺症として、最悪の場合には妊娠および出産ができなくなってしまうというケースもあります。

これは、上で述べたように、腰はとても大切な体の一部であると同時に、敏感な部分でもあるため、脂肪吸引は個人差もありますが、かなり過酷なものでもあるため、失敗がとても怖い体の一部なのです。

腰部の脂肪吸引の失敗

知っておいてほしい、腰部の脂肪吸引の失敗。段差ができてしまう理由とは

周囲との段差が出来る理由と対策について。

周囲とのバランスを考えずに脂肪吸引を行うと、段差が出来てしまう事があります。

施術を行う前には、施術後のことをイメージしながらデザインを行いますが、この際のデザインが適切ではなかった場合や医師の技術が未熟であった場合には、このような失敗が見られやすいと言われています。

もし、段差が出来てしまったという場合には、脂肪吸引を行うか脂肪を注入するという方法で段差を少なくする必要が出てくるでしょう。

でこぼこが出来るのはなぜ

腰部にたっぷりとついた脂肪は運動や食事制限ではなかなか減らすことが出来ません。そこで、腰部の脂肪吸引施術を受けるという人も少なくはありません。

しかし、細くなりたいからと言って、必要以上に脂肪を取り除いてしまうと、施術部位がでこぼこになる可能性があります。

また、周囲とのバランスが悪くなってしまうため、スタイルが悪くなってしまう可能性もありますので、注意が必要です。でこぼこが目立つ場合には修正施術を行う必要があります。

内出血と腫れが取れない場合には

腰部の脂肪吸引だけではなく、脂肪吸引ではどの部位であろうと、施術直後は腫れや内出血、痛みなどが伴います。

しかし、時間の経過とともに内出血や腫れは徐々に感じなくなってくるものです。

なれや内出血が取れるまでの期間には個人差があり、人によっては1ヶ月以上を要することもあります。

なかなか内出血と腫れが取れないという場合には、必要に応じて施術を行ったクリニックに相談するようにしましょう。

腰部の脂肪吸引の修正

どんな再施術法があるのか

腰部脂肪吸引を受けたけれど、患部が凸凹になってしまった、細くなっていない、傷跡が盛り上がり黒ずんでいる、などの理由で修正の施術を受ける方もいます。

施術を受けるときは、まず、腰部の状態を診て、その人の症状に合わせた施術が行われます。

凸凹に関しては、マッサージやセルライトやたるみの改善に使用されているエンダモロジーを受けることで改善する場合もあります。

脂肪を再吸引することができないときは、脂肪溶解注射を繰り返すことで滑らかにするという方法もあります。

脂肪吸引は、再吸引が難しいと言われているので、再吸引ではない施術が行われることが多いです。

術後の傷跡や黒ずみは、アフターケアを十分に行わなかったために起こることが多いと言われています。

アフターケア用の内服薬やステロイド注射などで状態を改善することができる場合もありますが、傷跡を目立たなくするためには、傷跡修正の施術を受けなければいけない場合もあるので注意が必要です。

名医に任せることが大切

美容整形施術の中には、施術者の技術によって結果に大きな違いが見られるものが多くあります。脂肪吸引もこのタイプの施術に入ります。

名医と呼ばれる医師が行った場合と技術・知識が未熟な医師が行った場合とでは同じ施術でも結果に大きな違いが見られる事が多いようです。

脂肪吸引は間違った方法で行うと、重大なトラブルに発展する可能性のあるものですので、信頼することが出来る医師に任せるということが大切です。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

腰部の脂肪吸引を行うためには、専門のカウンセラーや医師が事前にしっかりとカウンセリングを行うことが大切です。

典型的なクリニックでは、専門のカウンセラーが患者の悩みや希望を丁寧にヒアリングシ、カルテ問診票に必要事項を記入していきます。

その後に、脂肪吸引を専門とする医師が診断を行い、術前には立った状態で患者の希望を再度確認しながら細かくデザインを行っていきますから、理想的なプロポーションを作り出していくことができます。

また一般的なクリニックでは、局所麻酔や静脈麻酔を使用して手術を行っていきますから、手術中に痛みを感じることはありませんし、痛みや恐怖心を抑える無痛麻酔も行って射ますから、安心して施術をうけることができます。

また、厚生労働省に許可されたプロの麻酔科医が麻酔を担当していますから、安全性についても細心の注意を払っているので安心です。

そのほかにも、人体深部までジュール熱を上昇させることで、術後の皮膚の回復を早めることができますから、内出血も速く治すことができ、脂肪細胞の周囲で停滞している老廃物や水分を循環させることで、より脂肪層を減少させることができます。

また一部のクリニックでは、脂肪吸引だけではなく食事療法や運動療法などを通じて、総合的にプロポーションを維持することを手伝ってくれます。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*