脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

腰部の脂肪吸引のダウンタイムの過ごし方

腰部の脂肪吸引は、お腹の脂肪の吸引と同様に吸引範囲が広いため、手術後の痛みや腫れがあり、ダウンタイム期間は痛みを感じることがあります。ダウンタイムの当日から3日目は、圧迫したままで痛みがあるため痛み止めを服用します。痛みのために動きにくいこともありますが、無理しない程度に動くと良いです。7日目くらいには、内出血や腫れが出てきますが、2週間過ぎたころには青あざや痛みも和らぎ通用の生活に支障はなくなります。術後1ヶ月後には見た目も細くなっています。腰部の脂肪吸引は、術後は痛みは腫れなどがありますが、術後1ヶ月までは圧迫下着を着用して24時間の圧迫を行なうことが必要です。脂肪吸引は、吸引する脂肪の量などの見極めが大切です。技術が高いだけではなく自然な体型になるよう手術ができるよう、医師にデザイン力があることも大切です。信頼できる名医に手術をお願いすることが失敗することなく理想的な体型になることが可能です。
腰部の脂肪吸引のダウンタイム

栄養補給をしっかりと

腰部の脂肪吸引は脂肪を吸引する範囲が広いこともあり、術後のダウンタイムは1ヶ月程度は必要になります。2週間程度で痛みは和らぎ通常の生活に支障はなくなりますが、内出血や腫れは残る可能性はあります。痛みがある場合は、我慢せずに処方された痛み止めを服用することも必要なことです。また、腰部の脂肪吸引は外科手術でもあるため、術後2週間は大切な回復時期でもあるため、回復を早めるためにも水分とたんぱく質をしっかりと補給することが必要です。ダウンタイムで気になるのは腫れや内出血ですが、これらは時間が経つと自然に消えていきます。早めに治したい場合には、医師に相談して専用のクリームなどを処方してもらいます。
腰部の脂肪吸引は、脂肪を吸引する範囲が広く、脂肪をとる量も多くなりますが、その量などを見極めることが必要です。多く脂肪をとり過ぎると凹みができる場合や、吸引する脂肪が少なすぎて効果を実感できない場合もあります。医師の技術の高さも手術には必要になるため、サイトなどで信頼できる医師を紹介してもらうなど、名医に手術をお願いすることも大切です。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*