脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

昔の自分におさらば!筋萎縮術(ふくらはぎ)のおすすめの名医はどう探す?

大根足やししゃも脚の整形目的で行われるのが、筋萎縮術(ふくらはぎ)です。筋肉太りのふくらはぎに有効な手術で、脂肪吸引では痩身効果が出せない脚に対して適応になります。
名医探しは、相談所にて情報を提供していますから、問い合わせていただければと思います。
失敗や修正などリスクについての情報もご説明いたします。

筋萎縮術(ふくらはぎ)はふくらはぎの筋肉を縮小させることで、ふくらはぎを細くさせます。
大根足治療によく使われるのは「下腿筋萎縮術(かたいきんいしゅくじゅつ)」と呼ばれる手法です。この手術では、ふくらはぎの一部を切開して、内側腓膜筋or外側腓膜筋orヒラメ筋のうち、どれか一つの神経を切断していきます。ふくらはぎの出っ張りによって切断する神経の場所が異なります。
このときに神経を傷つけてしまうと、歩行障害など後遺症が残ってしまう危険性があります。
クリニックを選ぶときには、正確な情報を集めて安全性を確保することが必要です。

筋萎縮術(ふくらはぎ)の名医

第三者機関を利用する

筋萎縮術(ふくらはぎ)の名医探しならば、相談所を利用すると公正な情報を得ることができます。セカンドオピニオンを受けることも大切ですが、それだけでは素人にはわからないことも多いので、当相談所を利用することをお勧めします。
筋萎縮術(ふくらはぎ)は、脂肪吸引をしても効果が出ない、ふくらはぎの悩みに対して効果を発揮します。ふくらはぎはもともと脂肪が少ない部分で、脂肪吸引してもそれほど細くならないという特徴があります。
特に、スポーツをしてきて筋肉太りになってしまったような人の脚には効果がありません。
それに対して、筋萎縮術(ふくらはぎ)は筋肉を縮小させて余分な筋肉の発達をとることで、確実に脚を細くさせることができます。
筋肉マッサージなどをしても筋肉がほぐれなかった人にも向いています。また、ボトックス注射などと違い効果が半永久的に続くというメリットもあります。
リスクもある手術なので、安全第一に考えましょう。

筋萎縮術(ふくらはぎ)の名医

筋萎縮術(ふくらはぎ整形)を受けるなら口コミ人気の高いこの美容外科!

筋萎縮術(ふくらはぎ整形)自体全国的にあまり多くのクリニックで行われている手術ではありません。

ただ上手な技術でいくつかやっているところがあるので、その中でも口コミで満足度の高いクリニックでは、業界の中でも大手で症例数が多く有名どころなので、高い実績とノウハウを持っています。

飲食店などであれば隠れた名店など行ってみたいと思うでしょうが、美容整形などリスクの伴う重要な決断を行う場合にはなるべく安心できる確実性を重視し、失敗を避けるようにした方が良いと思います。

費用は筋萎縮術(ふくらはぎ整形)自体が希少性の高い手術であるため、どちらも30万~50万と高額です。
費用が変動するのは、脂肪吸引やボトックス注射を合わせて行うかといったことや、手術後の薬の処方量などに応じて変動するからです。
ふくらはぎにコンプレックスがあり人前で足を出せないのであれば、解消するのも良い選択しだと思います。

上でも少し述べましたが、ふくらはぎを細くする手術には主に3種類あります。
脂肪吸引、ボトックス注射、筋萎縮術(ふくらはぎ整形)の3種類です。

脂肪吸引は名前の通りふくらはぎの脂肪をなくすことでふくらはぎを細くする方法です。
ボトックス注射と筋萎縮術(ふくらはぎ整形)はふくらはぎの筋肉をなくすことでふくらはぎを細くする方法です。
料金的にはボトックス注射は注射針でボトックスを注入するだけで手軽なので安いです。
また注射だけなので失敗のリスクも少ないです。

しかしこの手術の欠点は手軽な分効果が実感できない場合があるということです。

その点、筋萎縮術(ふくらはぎ整形)は筋肉の繊維を切断するため確実に筋肉が細くなります。
ボトックス注射の方がやっているところは多いですが、韓流ブームの影響などもあり筋萎縮術(ふくらはぎ整形)にまで踏み切る女性も増えています。

学会研究などでクリニックの評判を見てみることで、意外に多くの人が手術を受けていることがわかります。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*