脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

顔(頬)の脂肪吸引の修正ってできるの?

ふっくらとした頬がコンプレックス、もう少しスッキリすれば小顔になれるのに・・・という悩みを抱えている方もいるのではないでしょういか。
頬の脂肪を取り去るのは努力だけでは難しいものです。
太っているのが理由であればダイエットが効果的ですが、もともとの顔だちの場合はそうもいきません。
表情筋のエクササイズ、リンパマッサージなど実際に小顔になったひとはほとんどいないのではないかと思います。
その点、美容外科で行われる顔(頬)の脂肪吸引は即効性があります。
しかし、顔(頬)の脂肪吸引となると失敗してしまう可能性を考えて躊躇してしまう人もいるでしょう。
失敗するとどうなってしまうのか、修正はできるのか、傷は残らないのか・・・など様々な不安や疑問があると思います。
カウンセリングに行く前に、自分で情報を収集し、メリットやリスクなどについて正しい知識を身に付けておきましょう。
不安がなくなれば、安心して手術に臨めるようになり、理想の小顔を手にすることができます。
顔(頬)の脂肪吸引の修正

たるみリスクを警戒

顔(頬)の脂肪吸引を行うと、確実に小顔になります。頬の脂肪のボリュームが減るので、顔の面積が小さくなるのです。
また、頬そのものだけではなく、フェイスラインの脂肪も取り去ることができるので、顔の輪郭もシャープになります。
また、頬の脂肪が多い人の場合、加齢により頬の脂肪がおもりになってたるみが発生しますが、脂肪吸引を受けることで将来的に発生するたるみを予防します。
このようなメリットがある顔(頬)の脂肪吸引ですが、失敗することもあります。
脂肪を取りすぎた場合は、頬がこけてしまったり、頬にたるみが出ることがあります。
この場合、脂肪を注入する修正手術を行います。
修正手術は1回で満足のいく結果になることは少なく、複数回の手術が必要になることが多いようです。
始めから失敗しない名医に執刀してもらうことが大切です。
また、カウンセリングの際に、「脂肪を取りたいけれど、たるみや頬のこけは絶対に避けたいから取りすぎることがないようにしたほしい」という旨をきちんと伝えておきましょう。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*