脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ひざの脂肪吸引に失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

実は、ひざは年齢が出やすい部分の一つであり、肉がたくさんついていてたるんでいるとそれだけで年齢が上に見えますが、逆にすっきりしていると若い印象を受けます。

特に、ミニスカートから出ているひざ上に肉が乗っているよりも、細く綺麗な足の方が男性からの印象も変わることでしょう。

そのため、細く綺麗な美脚を目指すには脂肪吸引がおすすめです。

一度吸引した部位は脂肪細胞自体が減少するので、術後太くなりにくいというメリットがあります。

ただ、脂肪吸引は美容医療であり、メリットがあればデメリットや失敗などのリスクも必ず伴うことも覚えておくようにしましょう。

では、ひざの脂肪吸引を行う場合にはどんな失敗があるのでしょうか。

実際に施術を受けようか検討している人は、メリットだけでなく失敗などについても把握しておくことをおすすめします。

特に、施術を行う医師の美的センスや技術力にも左右されますので、クリニックを決める際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ひざの脂肪吸引を上手く手術できなかった場合修正を行うことはできます。ここではひざの脂肪吸引の修正について説明いたします。

ひざの脂肪吸引に失敗したらどうなってしまうのか

上手な医師・クリニックの特徴

ひざのたるみが目立つと、脚が太く見えてしまいます。

もともと自力では落としにくい部分でもありますから、ひざの脂肪吸引を行ってすっきりとさせるのが効果的です。

ただ、技術や経験の浅い医師の場合、効果を実感することができなかったり、左右のバランスに差ができる、傷跡が目立つといった失敗をしてしまい、修正手術が必要となるケースも少なくありません。

修正手術をしても、きれいな状態にもどらない場合もありますから、できるだけ経験豊富な医師を選ぶことが大切です。

上手な医師の特徴としては、患者一人一人の脂肪や筋肉の付き方を考慮した施術を行ってくれますし、事前にしっかりとメリットとデメリット、リスクなども説明してくれます。

特に、ひざというのは、ほかの部位に比べると脂肪が少ない部位ですから、適切な量の脂肪を吸引することで、バランスのよいひざを作り上げることが可能となります。

ひざの周囲というのは、比較的脂肪がつきやすい部位で、運動などによって細くするのも難しい部位でもあります。

そのため、ひざの脂肪吸引には、専門の機器を用いて気になる部位の脂肪をねらって吸引することが大切です。

ひざだけを細くしても、脚の形は美しくありませんから、太股やふくらはぎなどとセットで脂肪吸引をした方がよいでしょう。

原因は太ももにあり

ひざの脂肪というのは、実は太ももに原因があるとされています。

運動不足や加齢によりいつの間にか溜まってしまったひざ上の脂肪は、エクササイズや脂肪吸引だけでは改善することは難しいため、脂肪吸引による痩身医療がおすすめといえます。

しかし、施術に絶対はないため場合によっては失敗することもあります。

脂肪吸引における失敗で考えられるのは、脂肪の取り過ぎによってたるんでしわになったり凸凹ができてしまうことです。

経験豊富で高い技術力を持つ医師が施術を担当すればほとんど考えなくて良いのですが、技術力や経験不足の医師が施術をすると、こういった失敗もありますので、費用が安いからという理由だけでクリニックを選ぶのは避けた方が良いといえます。

ただ、施術費用が高ければそれだけ高度な施術が受けられると言ったらそういうわけでもありませんので、しっかりと下調べをした上で施術を受けるクリニックを決めるのが望ましいといえます。

ひざの脂肪吸引の失敗

ひざの脂肪吸引に失敗、内出血と腫れが取れない

施術失敗によって、内出血や腫れができる事が有ります。

ひざの脂肪吸引に失敗した場合、術後のダウンタイムに、ひどく腫れてしまったり、内出血ができることがあります。

これは、脂肪を吸引する時に、周囲の脂肪細胞や、毛細血管細胞に傷をつけてしまった時に起こりえます。

また、手術後もひざを動かさないでいることはできないので、内出血はより拡大いることがあります。

内出血と腫れが取れない時は、アイスパックや、冷えたタオルで冷やすことで、少しは痛みを軽減することが可能です。

施術失敗によって、ひざに段差ができる

ひざのまわりの脂肪を減らしたいと思うけれど、ダイエットではひざまわりの脂肪だけを減らすことは難しいものです。そのため、脂肪吸引手術を受ける人は少なくありません。

ひざの頭が見える服装をしていると、脂肪の蓄積している見た目がどうしても気になってしまいます。

しかし、脂肪吸引は期待どおりの効果が得られないことがあります。よくある事例が、脂肪を吸引した場所にでこぼこの段差ができてしまうことです。

施術失敗によって、効果が実感できない

ひざの脂肪吸引の失敗例として、美容施術を受けたけれども効果・変化が無いというものがあります。

吸引した脂肪の量が少なすぎたり、見た目への影響が少ない部分の脂肪を吸引した時に起こるといいます。

期待した効果が得られなかったという時は、施術のミスや、事前のコミュニケーション不足が要因として挙げられます。クリニック選びは、慎重に行う必要があるでしょう。

実績のある、経験豊富な医師を選ぶことが重要になります。

失敗しないための方法とは

きれいな足になるために、ひざの脂肪吸引はとても役立つ方法です。

しかし、施術の結果、期待とは違った結果になってしまうリスクがあります。

脂肪吸引をきれいに仕上げることができるかどうかは、担当医師の技術や、判断力に大きく左右されます。

ひざのまわりはとてもデリケートな部位なので、施術には高い技術力が必要です。当相談所でおすすめの美容外科をご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

アフターケアも大事

ひざの脂肪吸引を上手く手術できなかった場合修正を行うことはできますが、何度も行うと傷痕が治りにくくなったり、内出血がいつまでも残り色素沈着と同様になってしまったり、足の形が不自然になりやすいので、何度も受けずに済むように名医がいるクリニックで施術を受けるべきです。

脂肪吸引した隙間に、太もも部分の脂肪が垂れ下がってこないよう考えた施術を行ってもらい、やり方が悪くて凸凹や皮膚のひきつれが残ったりしないように、丁寧に行ってもらうことが不可欠です。

手術自体は上手くいっていても、圧迫着や拘縮期のマッサージなどアフターケアが不十分であってもきれいに仕上がらないため、対応を熟知しているクリニックで受けることが修正をさけることにつながります。

ひざを出しても恥ずかしくないように、きれいな仕上がりに期待が持てる名医がいるクリニックを探すことは大変ですが、当相談所は名医のご紹介をしていますから、気軽にお問い合わせください。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*