脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ひざの脂肪吸引を受けるのはデメリットを知ってから

脂肪吸引は、アメリカでは非常にメジャーな美容整形の方法で、簡単に痩せることができることから人気となっています。手術費用は他のダイエット方法などに比べると高額になりますが、効果が高いことから日本でも人気となっています。
脂肪吸引のメリットは、即効性があることと、リバウンドをしないことにあります。
1度の施術で効果を得ることができ、特にひざなどのピンポイントではダイエットが難しい部分には効果的です。またダイエットで痩せるよりも、脂肪細胞そのものを除去するためリバウンドをしないのが特徴です。
ただデメリットとして、 経験の乏しい医師が施術を行った場合、カニューレが毛細血管を傷つけてしまい、出血したり、場合によっては神経を傷つけて麻痺が残るリスクも生じます。
そこまで大きなミスはなくても、脂肪をとったことで、皮膚が凸凹になるなどのデメリットもあるため、医師選びは慎重に行うことが大切です。
ひざのたるみなど、なかなかダイエットでは落とすことが難しい部位でも、脂肪吸引では簡単に落とすことが可能ですから、興味のある方は、一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。
ひざの脂肪吸引のデメリット

ひざは年齢が出やすい

足は太さやラインが気になるパーツで、特にひざ上は、年齢が出やすく、脂肪や皮膚のたるみが意外と目立つ場所です。
ひざ上にたるみがあると、太ももとふくらはぎのメリハリが少なくなるので、太い足という印象を与えてしまいます。
ひざの脂肪の多くは、太ももの脂肪がたるんだ下がってきたものなので、太ももの脂肪吸引をすることでたるみを解消することが可能です。
脂肪吸引によって、ダイエットでは落としづらい皮下脂肪をリバウンドなく落とすことが可能で、美脚効果を得るために体型を形作ることができるのもメリットといえます。
ただとりすぎによる凹凸や取り残しなどで、修正や再手術を行わなければいけないリスクもあり、失敗をしないために名医を選択することが何よりも大事です。
デメリットとして、吸引後の凸凹がありますが、一般的なダウンタイムは2週間程度かかります。それ以上たっても凹凸が改善しない場合には、失敗の可能性もあるので、修正や再手術を行うことになります。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*