脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ひざの脂肪吸引のアフターケアで効果に差がでる?

ひざの脂肪吸引は、ひざまわりについた脂肪を取り払うことですっきりとした足に見せることができるというメリットがあります。ただし、脂肪吸引の手術をするにおいては、手術後にかかる体の負担もそれなりに大きめですのでアフターケアを行うことが大事です。例えばマッサージをして揉み解したりすることが一般的です。大体1日15分程度を目安にして行うようにすれば大丈夫でしょう。
手術を受けた後すぐには腫れやむくみが残っていることがありますので力強くマッサージを行うことについてはあまり推奨されてはいません。最初のうちは軽いマッサージ程度に留めておき、だんだん慣れてきた段階でしっかりとマッサージを行うようにしておくと良いでしょう。マッサージは、最初のうちはむくみなどもありなかなか効果については感じられない可能性もあります。ただ、継続的に行っていけばだんだんと効果が現れだすようになります。ある程度長期的に構えておくことが大事です。
ひざの脂肪吸引のアフターケア

回復期に見られる拘縮

ひざの脂肪吸引の手術をしてからのアフターケアでは、酒についてはそこまでアフターケアの影響がでるというわけではありません。ただ少し摂取を控えめにしておいたほうが望ましいことはいえます。
手術したあとのむくみについては1週間から2週間くらいまで続きますがそれ以後はだんだんむくみがなくなってあまり目立たなくなりますので、外出についてはひざの脂肪吸引の手術直後については負担を避ける意味でもあまり行わないようにしたほうが良いですが2週間くらいたったら外出しても大丈夫といえます。ダウンタイムは1ヶ月くらいですので、1ヶ月くらいすれば効果が感じられるようにます。
アフターケアを行うか行わないかで差ができるのかについてですが、脂肪吸引をした後の肌はほとんどにおいて皮膚が硬くなったりでこぼこになるなどの反応が出やすくなります。これは病気というわけではなく拘縮と呼ばれる回復期の反応です。ただ人によって拘縮がなくなる期間は異なります。拘縮をできるだけ早くなくして肌の回復を促すためにマッサージを行うことは効果的といえます。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*