脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

太ももの脂肪吸引の修正をする時に知っておきたいこと

太ももは、痩せたくても痩せにくい部位のひとつです。最近は、太ももの脂肪吸引をする女性が増えています。

脂肪吸引は、脂肪細胞のみを吸引するので、ダイエットのようなリバウンドの心配がほとんどなく、気になっている部分だけスリムにすることが可能です。
脂肪細胞とは、脂肪の合成、分解などを行う細胞のことで、人間は脂肪細胞にエネルギーを蓄積しています。
脂肪細胞の大きさによって、太ったり痩せたりします。

個人差があるものの、脂肪細胞を吸引することで脂肪細胞が減り、手術後は脂肪が付きにくくなります。
脂肪細胞を吸引する時は、麻酔薬を使って脂肪細胞を液状化します。
脂肪細胞を液状化すると、吸引しやすくなるのです。

その後、吸引圧を利用して脂肪組織を吸い込んでいきます。
脂肪を吸引する方法は、脂肪の量や部位、予算などによって異なります。
脂肪を吸引した後は、徐々に腫れや炎症が治っていきます。

なかなか腫れや炎症が治らない場合は、クリニックへ行き医師に相談した方が安心です。
希望通りの結果にならなかった場合は、修正を行うこともあります。

太ももの脂肪吸引の修正

複数ある再施術

せっかく太ももの脂肪を吸引をしても、仕上がりが悪いケースがあります。
太ももを脂肪吸引をした後は、2週間から3週間くらい、吸引した部分が硬く突っ張ったような状態になります。
しかし、3ヶ月以上同じような状態が続く場合は、脂肪吸引時の取りムラが原因である可能性が出てきます。

取りムラによって仕上がりが悪い場合は、再吸引は難しいため、他の方法を選択することになります。
昔は、特殊な器具を使って組織を剥がして脂肪を注入していましたが、現在では、ベイザー波で組織を剥がすことができます。
ベイザー波で整えてから注入することで、滑らかなラインを作ることが可能となっています。

ベイザー波を使った方法以外に、コンデンスリッチファットを注入してボリュームアップする方法もあります。
コンデンスリッチファット注入は、定着率も良く安全性も高いので、人気があります。

修正には、高い技術が必要となるので、できるだけ評判が良く実績のあるクリニックで修正した方が安心です。

費用が安いクリニックを探すときに注意する事

ぽってりと脂肪がついている太ももで悩んでいる人は多く、ダイエットをしても痩せにくく、リバウンドをすると太くなりやすい部分で、脂肪が多くて血流が悪く、太ももが冷えて悩んでいる人やパンツやスカートのサイズが太もものせいでひとつ上になってしまう人、全身のバランスが悪く、下半身太りが目立つ人などに人気があるのが太ももの脂肪吸引です。

太ももの脂肪吸引は、脂肪を取り過ぎてしまうと肌がでこぼこになったり、たるみやひきつれが起こってしまう失敗があるので、症例数が多く実績がある、技術力の高いドクターに施術してもらうことが大切です。

一部位の施術で30万円前後から脂肪吸引を行うことができる場合が多いのですが、費用が安いクリニックを探すときには、口コミの評判なども参考にしながら、カウンセリングを自分で受けて、デザインや料金を確かめたり、アフターケアなどについて聞いたりしてから選ぶことが大切です。

カウンセリングをしっかり行わないと、希望とは違うラインになってしまったりすることがあるので、カウンセリングをていねいに行っているクリニックを選ぶことがポイントになります。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*