脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

太ももの脂肪吸引のダウンタイムについて知っておこう!

ほっそりすらりとしたスレンダーな美脚は女性なら誰もが手に入れたいと願うものでしょう。近頃は太ももの脂肪吸引手術によって簡単に理想の美脚を手に入れる事が可能になりました。しかし、この施術には「美しい脚を手に入れる」という大きなメリットと同時に術後に起こるいくつかのデメリットも有ります。その内の一つとして挙げられるのが「ダウンタイム」です。ダウンタイムとは、脂肪吸引術後に起こる痛みや腫れがひくまでにかかる時間のことです。一般的に太ももの脂肪吸引施術時間は2時間程度と比較的短いものです。しかし、ダウンタイムに必要な時間は多少の個人差はあるものの、完全に解消されるまでには少なくとも3ヶ月程度が必要となります。その間は、弾力性の強いタイツなどで保護・補助する必要があります。また、マッサージやストレッチなどをおこない、施術によって起こった痛みや腫れ、むくみ、拘縮(筋肉の収縮)などを解消するようにします。
太ももの脂肪吸引のダウンタイム

術後はどうなっていくの?

太もも痩せに効果的な脂肪吸引ですが、施術によって起こる腫れや痛みがひくために必要な時間がある程度必要になります。「ダウンタイム」と呼ばれるこの時間は、主に太ももの痛み、腫れ、内出血、かゆみ、知覚低下、むくみ、拘縮、色素沈着・傷跡などの解消にかかるものです。一般的には、脂肪吸引術後の痛みは一週間程度で収まります。その間には病院で処方された鎮痛剤などを服用します。腫れ、内出血、むくみ、かゆみに関しては、約1?2週間程度で収まります。むくみはストレッチやマッサージ等を行う事でより早く症状を解消する事が出来ます。しびれや感覚低下などの軽い知覚低下が起こる場合も有りますが、これも、2?3ヶ月で概ね解消されます。術後2週間頃に起こる拘縮(筋肉の収縮)も、保護タイツで圧迫する事やマッサージによって3ヶ月を目処に解消されて行きます。色素沈着・傷跡に関しては、6ヶ月から一年でほとんど目立たない状態まで回復します。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*