脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)で失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)とは、足が太くてなやんでいる人のための手術です。ふくらはぎの筋肉量が多い場合には、脂肪吸引やボトックスなどでは、思ったように効果をもたらさないことがあります。

そのために、ふくらはぎの筋肉を一部切断することで、ほっそりした足にすることができます。

筋肉を切断されたふくらはぎは時間とともに筋肉が縮小し、ほっそりした足になることが可能になります。

だいたい3ヵ月から6ヵ月かけて、徐々に筋肉が細くなっていきます。しかしこのふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)には技術が必要となります。

手術が失敗すると筋肉が思ったように細くならなかったり、筋肉が硬くなってしまって最終的に歩行困難になることもあります。

そのため名医探しがとても重要な課題になります。

手術を受ける際には施術方法や麻酔、入院や通院について、ダウンタイム、費用、アフターケア、腫れや傷跡などを前もって知っておくことが大切になります。

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)で失敗しないためのポイント

上手な医師・クリニックの特徴

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)手術の技術的に未熟であったり、経験のない医師による手術では失敗するリスクが高いです。

後遺症や術後のトラブルに巻き込まれないためにも、手術を受ける前にきちんとリサーチする必要があります。

また、クリニックが手術設備が整っているかどうか、同クリニックで行われている手術件数や症例について、さらに衛生管理ができているかどうかを確認する必要があります。

医師の経歴や学会発表内容だけではなく、医師の治療を実際に受けた方の体験談や感想をクリニックに行く前に、WEBサイト等で調べておきます。

さらに、これまでにその医師がこれまでに行ったふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)件数と成功例や失敗例もわかる範囲で調べる必要やあります。

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)手術が上手な医師は、術前の説明をきちんとします。

下腿筋萎縮術のメリットやデメリットさらに失敗のリスク、術後に後遺症が発生するリスクについてもきちんと説明します。

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)を受ける人が納得して不安なく手術が受けられるように対応します。

そして上手な医師は手術後のフォローに関してもきちんと対応します。術後の修正にもきちんと対応できるのがふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)上手な医師です。

高度な技術で高リスク

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)の失敗例とはどのような物があるのでしょうか?このふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)は、とても高度な技術を要する手術です。

ほかの美容外科術に比べてリスクが高いのが特徴です。

術後強い筋肉痛やしびれを起こすことがあります。

徐々に痛みは和らいでいくのが普通ですがいつまでも痛みがひかない、あるいは筋肉がでこぼこになってしまったという失敗例があります。そのほか筋肉が硬く拘縮してしまって、歩行困難になってしまったということもあります。

さらに手術自体は成功したものの筋肉が細くなりすぎて歩行時に疲れやすくなってしまった事例もあります。

またこの手術は料金が50万から80万ほどかかるのが相場です。ほかの美容外科術に比べても値段がかなり高いので、手術を選択するときには慎重になる必要があります。

もし手術に失敗してしまった、あるいはやり直しをしてほしいと思うときは施術を受けたクリニックに相談すると良いでしょう。場合によっては無料で再手術をしてくれることもあります。

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)の失敗

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)で失敗したら、歩行障害が起きる?

最悪の場合、歩行障害を負ってしまうリスクもあります。

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)では、筋肉を萎縮させるため、ふくらはぎの神経を切断します。しかし、このとき、誤って大事な神経を傷つける可能性もあります。絶対あってはならないことですが、実際に症例も出ているのです。
大事な神経を傷つけると、歩行障害を負う可能性があります。歩くことは、生活する上でとても大事なことですよね。そのため、ドクターのカウンセリングをしっかりと受けることが大切です。

ふくらはぎの太さに左右差が出てしまう

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)は、神経を切断することでふくらはぎの筋肉を萎縮させ、細くするという手術です。これは、脂肪のせいで太い人よりも、筋肉のせいで太い人に向いている手術方法です。

しかし、神経を切断したとしても、筋肉の萎縮具合により、左右差が生じてしまうことがあります。もともとふくらはぎは左右差が出やすい部分です。しかしあまりにも不自然に目立つ場合は、ヒアルロン酸などを打ち、両脚の太さを揃えたりもします。

ふくらはぎがでこぼこしてしまう

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)はどこまで筋肉が萎縮するか予想しながら行われます。しかし、どのように萎縮するかはわかりません。そのため、ときには筋肉の形がでこぼこしてしまうことがあるのです。ふくらはぎは、スカートやショートパンツを穿くと目立つ部分なので、困りますよね。

あまりにも目立つ場合は、へこんだ部分にヒアルロン酸などを注入して膨らませるといった方法が取られています。気になるなら相談しましょう。

ふくらはぎ整形の修正は難易度が上がる

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)は選択した方法により、修正をすることはとても難しくなります。

ふくらはぎに金属の棒をさして電流を流し焼くことで筋肉を萎縮させる方法を選択した場合、再度同じやり方を選ぶと動かせる筋肉がなくなりすぎて立ったり歩いたりする際に支障をきたす可能性が高いため、足が太く感じて修正をしたいときには別な方法を考慮しなければならず、技術力の高い医師に対応してもらうことが欠かせなくなります。

筋肉にアプローチできない場合には、脂肪を減らしていくことになりますが、施術によって足のバランスが悪くなったり肌にデコボコが残る、血色が悪くなることもあるので、慎重に対応してもらうことが不可欠です。

神経を部分的に切って筋肉を動かさなくすることで、発達した筋肉を細くさせる方法を行った場合も、さらに神経を切る訳には行かないため、別なふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)をためすこともできますが、神経を切っている分つま先で立つ力が酷く弱まってしまうことがあります。

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)の修正

筋肉の機能性が損なわれる危険性

以前は普通に歩けていたにも関わらず、ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)を終えてから、歩行障害が発生してしまった例もあります。

手術が原因で筋肉の機能性が損なわれてしまい、真っ直ぐ歩けなくなってしまったり、走ろうとすると転倒してしまう人もいます。

筋肉や神経機能性に悪影響を与えず、足を細く見せる効果だけを与えてくれる医師を見つける事ができれば、このようなトラブルを防ぐ事は可能です。

おすすめの名医や美容外科を紹介

どんな美容整形でも、残念ながら失敗する確率はあります。しかし、技術と実績のある名医を選ぶことで、その失敗の確率を下げられるのです。最悪の場合、障害を負ってしまう可能性もあるため、じっくりとドクターを選びましょう。

しかし、誰が名医かということは、私たち素人ではわからないかもしれません。それなら、当相談所で名医やおすすめの美容外科をご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

綿密なカウンセリングが重要

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)で筋肉を部分的に切除し取り除く方法の場合、支障をきたさない程度に再度取り除くことは可能ですが、足のラインを綺麗に見せるためには腕の高い医師に手術してもらわないと不自然な形にし上がってしまうことが多くなります。

失敗して修正を行わなくて済むように、カウンセリング時に足のサイズや形を綿密に打ち合わせることは重要で、足の筋肉や神経の構造を特に熟知していて専門的に手術を行っている医師にお願いすれば、ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)を最初の手術だけで成功させられる可能性が高くなります。

足を綺麗にデザインするだけでなく、歩行など運動能力に支障をきたさない手術を執刀してくれる名医をさがしだすことは大変で、時間を無駄にせず名医と出会いふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)を行ってもらいたいのであれば当相談所に連絡をお願いします。

安心して任せることができる名医をご紹介することができますから、気軽にお問い合わせください。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*