脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

知っておきたいふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)のデメリット

ふくらはぎが太くて悩んでいるけれど、脂肪吸引ではあまり効果が期待できない人はふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)の施術を受けることをおすすめします。

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)は、脂肪が原因でふくらはぎが太くなっているのではなく、筋肉が発達しすぎていることによってふくらはぎが太くなっている人に有効な施術です。

従来のふくらはぎ痩身術の一つであるボトックス注射のように一時的な効果ではなく、一度施術を受けてしまえば半永久的な効果が期待できるというメリットもあります。

しかし、メリットがあるということは当然デメリットも存在します。

では、ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)におけるデメリットとはどんなことが考えられるのか気になるところです。

また、施術にかかる費用やダウンタイムなどもあらかじめ把握しておくことで、いざ施術を受けようと思った時にスムーズに考えがまとまりやすいといえますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。
ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)のデメリット

運動能力低下の可能性も

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)は、筋肉自体を細くするためふくらはぎの筋肉が発達している人が施術を行うことで確実にふくらはぎの部分痩せが期待できる方法です。

ダウンタイムは3~4週間ほどで、術後しばらくは腫れや痛みが続きます。

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)のデメリットとして考えられることは、筋肉の神経を遮断してしまうため、運動能力が低下したり筋力が弱まることが考えられます。

場合によって、技術力の未熟は医師に施術をされることで運動障害や歩行困難になるリスクなども考えられますが、経験豊富な医師ともとで施術を行えばまず問題ないでしょう。

費用は50~80万ほどが相場とされていますが、基本的に美容医療は自由診療であるためクリニックの料金設定によって異なるのが普通ですので、施術を受けるクリニックが決まったら事前に料金について確認しておくことをおすすめします。

今度こそ、大根足やししゃも足を改善したい人は、一度施術を受けることを検討してみてはいかがでしょうか。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*