脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ふくらはぎの脂肪吸引のリスクって何?

女性は脚の美しさにこだわる人が多いですが、ふくらはぎが気になって脚を見せるファッションが楽しめないという人も少なくありません。
美しい脚を作るためにはふくらはぎをすっきりときれいに整えておきたいですが、ふくらはぎは努力をしていても細くするのが難しい部分です。脂肪がついていて、太くなっている場合は脂肪吸引が有効です。
その名前の通り、脂肪を吸引して体外に排出する治療で、様々な部位の痩身に対応しています。
運動や食事制限だけでは部分的に脂肪を落とすことは難しいですが、脂肪吸引であれば、痩せたい部分だけピンポイントで細くすることができ確実な痩身を行うことができます。そして吸引した部分は脂肪細胞を確実に減らすことができますので、リバウンドを防ぐこともできます。数ある痩身治療の中でも特に効果が高い方法ですが、プチ整形とは違い、本格的な手術となりますので、それだけ体にも負担もある施術です。実際に施術を行う前はそのメリットだけではなく、リスクについてもしっかり理解しておきましょう。
ふくらはぎの脂肪吸引のリスク

効果が目で確認しにくい部位

ふくらはぎの脂肪吸引のリスクとしては、まずは腫れ、内出血、痛みなどがあるということがあげられます。
しばらくは青あざができることもあり、脚を見せるファッションは我慢することとなります。
脂肪吸引にも様々な方法があり、最近はより体への負担が抑えられた施術もありますので、できるだけ最新の治療を選ぶことも大切です。
そして、ふくらはぎの場合は他の部位に比べて、もともと脂肪が少ないということもあり施術を行っても思ったような効果が得られない場合もあります。
施術直後は腫れもありますので、効果がわかりにくく、細さを実感できるのは1ヶ月過ぎたぐらいになることも理解しておきましょう。
脂肪吸引が失敗してしまうとダウンタイムが長くなったり、左右の太さが違うなどの問題も出てしまいますので、できるだけ技術の高い医師に担当してもらうことも大事です。治療後は圧迫などのアフターケアもしっかり行っておく必要がありますので、アフターケアまで丁寧に行われている医療機関であるかも確認しておきましょう。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*