脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ふくらはぎの脂肪吸引の効果と注意点2つまとめ

ふくらはぎはダイエットやエクササイズなどをしてもなかなか細くならない部位で、自力で理想の状態することは簡単ではありません。浮腫やすい体質である場合、夕方になると浮腫んでさらに太くなってしまいます。ふくらはぎの脂肪を取り除くことで足を細くすることが可能になります。その脂肪が取り除くことができるのは脂肪吸引です。ふくらはぎの脂肪吸引の効果は、エクササイズしても細くならない部位を確実にピンポイントで細くすることができることです。

また、脂肪吸引の施術をすることで、余分な脂肪がなくなると血流がよくなり手術後は浮腫がでにくくなる効果を得ることができます。浮腫は血行が良くない部分にあらわれるため、余分な脂肪を取り除くことで脂肪層が薄くなり、血行不良の部分が小さくなります。脂肪層の血行が改善された状態になり、脂肪を吸引した後は浮腫ができにくくなるのです。
手術は40~50分程度で、入院の必要はなく手術当日に帰宅が可能で、シャワーや洗髪は2日後、入浴は4?5日は控えことが必要です。
ふくらはぎの脂肪吸引の効果

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)を失敗しない名医とは?

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)はなれていない医師が行うと、足の機能に多大な影響が出てしまいます。特に神経や筋肉の部分的切除は完全にもとに戻すことはできない施術で、失敗すると歩いたり走ったりすることが不自由になってしまう可能性があるため、術式になれている医師にお願いする必要があります。TCR治療も時間の経過とともに回復することがありますが、元の状態に戻るのに数か月以上必要になります。筋肉だけでなく、脂肪も多い人は合わせて対処してもらわないと綺麗なふくらはぎになりません。

筋肉質には不適当

ふくらはぎは、もともと脂肪が少ない部位でもあります。お腹や太腿などの脂肪吸引と比較すると目覚ましい効果があらわれにくい部位でもありますが、美しいふくらはぎは、脂肪と筋肉のバランスがとれた綺麗な曲線が必要です。少ない脂肪を吸引しながら美しく仕上げるためには高い技術が必要になります。脂肪吸引の手術は、カニューレという管を膝の裏などから挿入し、圧力により脂肪を吸引します。

ふくらはぎの脂肪を取り除く手術は、ただ脂肪を取り除くということではなく、どの程度脂肪を残すことで綺麗な足の形にすることができるかが重要なポイントになります。筋肉質の場合は不適当な手術であり、お腹や太腿の脂肪を吸引する時のような極端にサイズダウンは望めません。高い技術があり、綺麗な足の形に脂肪を取り除くことができる医師やクリニックに手術をお願いすることが大切なことです。医師を見つけるにはサイトなどで医師を紹介しているサイトがあるため、それらを上手に活用して、カウンセリングを受けて高い技術があり信頼できる医師であるかを見極めることが必要です。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*