脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

エクシリス(EXILIS)のダウンタイムは一瞬?

現在、痩身技術にはだいぶ変わりました。いずれも、痩身方法は体内の脂肪を取り除くことですが、その方法には大きく分けて二つの種類が有ります。一つは、「切る方法」と「切らない方法」です。切る方法であっても、昔のように、メスで切り開いて脂肪を取り除くというイメージではなくなり、全身麻酔をして小さな穴を開けて金属の棒を挿入し、脂肪を溶かして吸引するという方法に変わりました。そして、切らない方法も、エクシリス(EXILIS)のように、まったくどこも皮膚を傷つけずに痩身したい箇所の皮膚の上から、エクシリス(EXILIS)という装置を当てて、内部の脂肪を高周波の熱で溶かし燃焼させエネルギーとして使ってしまったり尿や便として体外に排出してしまいます。そのために、エクシリス(EXILIS)はまったく自然で傷跡も残らず施術も楽です。痛みもなく麻酔も使わないその方法はダウンタイムもきわめて短いために覚えておくと便利です。
エクシリス(EXILIS)のダウンタイム

世界初の「RIDテクノロジー」

エクシリス(EXILIS)の施術は、痩身したい皮膚の上からエクシリス(EXILIS)の装置を当てるだけです。世界初の「RIDテクノロジー」といわれる技術により超音波とフォーカスRF波を同時に照射します。フォーカスRF波は、痩身したい箇所の皮膚の上から装置を押し当ててそこから高周波のラジオ波を照射します。その装置は、皮膚とその下の皮下組織を温める機械ですが、それにより皮膚は40~42度に温められて、その下の皮下組織はもっと高温になります。こうして、脂肪を溶かしてしまう仕組みです。「温かい」という感じで痛みはありません。さらに、超音波を同時に照射することにより、脂肪を超音波で揺らし燃焼させやすくします。施術当日にやることはこれだけですので、何の準備も要らず、痛みも腫れも内出血もありません。そのために、一回ごとのダウンタイムは一瞬で終わりです。それを、1-2週間に1回20分くらいを計4-6回施術すればエクシリス(EXILIS)による痩身終了です。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*