脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

大根足修正(ふくらはぎ)に失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

大根足修正(ふくらはぎ)法には幾つかの種類があります。1つは筋繊維を切除することで筋肉の運動量を減らして結果的に修正できるもの、2つ目は脂肪吸引して修正するものです。どちらの場合でも、大根足修正(ふくらはぎ)では失敗すると予後が悪くなる可能性があります。

なぜなら、筋繊維の切除は外科的手術であり、筋繊維を取る際に皮膚を破っていますので、感染や腫れなどが起こる可能性がありますし、脂肪吸引の場合は一部の脂肪だけ取ることでバランスが悪くなったり、そこだけ凹んでしまう可能性もあるからです。

ふくらはぎ自身は脂肪吸引が必要なほどの脂肪がつきにくく、反対に体重を支える下半身なたので、筋肉が太すぎて大根足になっている可能性が高いので、大根足修正(ふくらはぎ)をするのであれば、脂肪吸引よりも外科的手術の方が効果が高いのは確かです。

しかしながら、以上のようなリスクも充分に踏まえた上で、失敗した時の対処をどのようにするかまで考えておく必要があります。

三角方法って?

実は、ふくらはぎについては、脂肪吸引ではなかなか修正しづらい方がいます。

その理由は、ふくらはぎには、あまり、脂肪はなくそういう人は、むしろ有るのは、神経や筋肉であることが多いからです。

そのような場合は、いくら吸引をしてもあまり効果が得られないために、代わりに、神経や筋肉を減らしたり、小さくしたりする大根足修正(ふくらはぎ)が効果的です。その方法には、3角方法があります。

一つは、TCRと呼ばれる下腿部筋萎縮術です。ふくらはぎの4箇所から3ミリ程度の穴を開けて金属の棒を挿入し、ふくらはぎの筋肉を焼いて萎縮させる方法です。

その分小さくなります。もう一つは筋肉切除術による下腿部筋萎縮術です。

筋肉そのものを切除して減らします。最後は神経そのものを切除する下腿部筋萎縮術です。

一部の神経を切断すれば、その分、その先の筋肉は使えないためにやがて衰えて、細くなります。

このように、現在の大根足修正(ふくらはぎ)は、ふくらはぎの脂肪に働きかける方法と筋肉や神経に働きかける方法が用意されていますのでどなたでも可能です。

大根足修正(ふくらはぎ)の失敗

上手な医師・クリニックの特徴

大根足を治すふくらはぎ整形では、施術が上手な医師を見つけることが最も大切です。

上手な医師というのは、脂肪吸引では、でこぼこを残さず綺麗に吸引でき、神経をブロックする施術では、術後に障害が残らないよう正確に施術が行える医師だと言えます。

けれども、大根足を修正する施術というのは、美容整形の中でも大変技術を要する施術であり、上手な医師の数が少ないのが現状です。

その中から施術の技術を持っている医師を見つけるにはどのようにすれば良いのでしょうか。

実は、上手な医師というのはある特徴を持っており、それを持っている医師を見つけられれば施術の成功率も一段と上がるかもしれません。

では、その特徴とは何かというと、メリットよりもリスクについてしっかりと説明しているところです。

どの分野にも言えることですが、リスク管理を疎かにしてメリットだけで行うことほど危険なことはありません。ですから、リスクについて納得するまで説明してくれる医師を見つけることが大切と言えるでしょう。

また、もう一つある特徴を持っています。

それは、多くの実績を持っていることです。上手に施術ができるということは、それだけ評価されるはずですから、確かな実績を持つ医師は技術も持っています。

大根足を治してもらう際には、このような特徴を押さえた医師を見つけると良いでしょう。

失敗例などのインフォームドコンセントを綿密に

大根足修正(ふくらはぎ)が失敗した場合には、どのような失敗かによって対処法が異なって来ますが、基本的には大根足修正(ふくらはぎ)をする前に、しっかりと医師とインフォームドコンセントを行っておく必要があります。

手術前に必要な事、手術直後からのダウンタイムの過ごし方や感染の有無の確認、腫れの経過観察と説明、完全回復した後のアフターケアなどがしっかり説明でき、熟練していると思える病院での施術が1番望ましいのです。

そうでなければ、もし失敗した時のケアは勿論のこと、成功してもその後様々なトラブルに対する対処法も知らず、できない可能性まであります。手術をする決意もありますが、相談のしやすさ、値段、通院しやすさなど、自分の利便性ばかりに気を取られていると、このような一番大事な注意点に目が行きにくくなります。

大根足修正(ふくらはぎ)はどちらの方法であっても、ふくらはぎ自身の形状の問題や歩行の問題、皮膚の状態などに関わってきますので、よく考えて、調べて、受診時の感じをしっかりと観察してから受けてください。

大根足修正(ふくらはぎ)に失敗するとどうなる?

大根足修正(ふくらはぎ整形)の失敗として起こり得る「左右差」いったいどういう状態?

ふくらはぎ形成の左右差について解説いたしますと、ふくらはぎ形成は、ふくらはぎの状態をよくする施術方法です。

特に女性は、ふくらはぎの形をよくしたいと考えている方が多いので、受ける人も女性の方が多くなっています。

大根足修正(ふくらはぎ整形)は、筋肉に対しての縮小手術が行なわれることが多いです。
筋肉を縮小させることで、大根足が改善されていくからです。

しかし、左右対称にすることはなかなか難しく、左右差が出てしまう可能性もあるので注意が必要です。

ふくらはぎ形成によるでこぼこ

ふくらはぎ形成を受けるリスクとしては、でこぼこになる可能性があります。
筋肉の収縮にムラがある場合に、起こることがあります。

脂肪吸引などを受けた場合に、脂肪を吸引し過ぎてでこぼこが起こってしまい、修正や再手術を受けなければならない場合もあります。

このようなリスクを防ぐためには、技術が高くて腕のいい医者を探すことが一番です。
最新の脂肪吸引器を使っているからと言って良いとは限りません。

ふくらはぎ形成による歩行障害

ふくらはぎ形成を受けた後に、歩行障害がまれに起こることがあります。
ふくらはぎの周辺は神経が集中していますので、感染をしてしまうと歩行障害を起こしてしまうことがあります。

筋肉の神経を遮断するため、筋力が弱まってしまいます。
そのため、術後にゆっくり過ごさずに無理をするとリスクが高まってしまいます。
日常生活に支障をきたす場合もありますので、そういったリスクが少ない病院を選びましょう。

大根足修正(ふくらはぎ)の修正手術

ふくらはぎが太い、いわゆる、大根足で悩んでいる女性はとても多いです。そこで、大根足修正(ふくらはぎ)の修正方法を知っておくと便利です。

まず大根足修正(ふくらはぎ)の一つ目に、誰もが考えるふくらはぎから脂肪を取り除くことです。

脂肪吸引法には、切る方法と、切らない方法があります。まず切らない吸引法ですが、ウルトラアクセントなどが代表的です。

ウルトラアクセントとは、ふくらはぎに長高周波や長高音波を発する機械を当てて、その効果で、ふくらはぎの脂肪を溶かし、同時に血流を良くして体外に流してしまおうというものです。切る例としては、ベイザーリポなどがあります。

それは、脂肪層に注射器のようなレーザーを入れてレーザーで脂肪を溶かしてそれを吸引します。

最近では、切るといっても、注射器程度の穴を開けることがほとんどで、以前のようにメスを入れてかき出すというイメージではなくなりました。

また、ベイザーリポの場合は、レーザーを当てることにより、脂肪が抜けた後のたるみを引き締める効果が期待できるため仕上がりがとても自然です。

大根足修正(ふくらはぎ)の修正

ふくらはぎ形成の名医

ふくらはぎ形成の名医とは、技術面はもちろんのこと、手術に関する説明を詳しく話して下さる医師が信用できます。

大根足修正(ふくらはぎ整形)は、リスクも高い手術になりますので、リスクがあることをきちんと説明してくれるところがいいでしょう。

名医が見つからない場合は、名医のいるおすすめの美容外科を紹介していますので、ぜひご相談ください。
いいクリニックを見つけて、安心できる施術を受けましょう。

安い病院には十分注意しよう

大根足修正(ふくらはぎ整形)の値段は、安いところで280,000円ほどで行われていますが、選択する術式で違いがあって、ボトックスなどは100,000円程度で受けることができる場合もあります。

なれていない医師に施術を行われると、足の機能に影響が出ることが合って、術後すぐは足に力が入らないような感覚があったり階段の上り下りに不自由さを感じることも多いですが、それがいつまでも続いてしまうことがあります。

脂肪吸引の際に脂肪を取りすぎたり神経や筋肉を傷つけてしまった場合に起きることがありますし、筋肉や神経の切除でも切りすぎてしまったりするといつまでも回復しないことがあります。

ボトックス注射も入れる位置や量を誤ってしまうと、症状が出ることがあります。

失敗を避けるためには評判が高く、大根足修正(ふくらはぎ整形)を数多くこなしてきた医師による施術であれば、経験をもとにした施術が行われるため安心して受けることができます。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

今までの中で、ふくらはぎ整形は大変な施術で、上手な医師も少ないことがわかりました。

確かに、上記のように、リスク管理のしっかりしていて実績のある医師を見つけられることがベストですが、なかなかそうはいかないでしょう。

そんなクリニック選びで悩んでいる方は、当相談所に相談してみてはいかがでしょうか。悩まされている症状や、改善したい身体の部分、施術後の悩みなど、相談しにくい悩みも手軽に相談いただけます。

そして、その症状別におすすめのクリニックを紹介することも可能です。

例えば、前述したふくらはぎ整形では、失敗してしまうと大変ですから、まず失敗しないことが大切です。それを踏まえて医師を探すのは非常に大変ですが、当相談所にご相談いただければ、症状からどの施術が最適かを判断して、施術に精通した名医を紹介することができます。

また、術後の症状というのは、本当に施術によって起きたものか判断が難しく、言い出しにくいこともあるでしょう。

そういった悩みの解決も当相談所では行っています。

その症状に問題があれば、改めておすすめのクリニックを紹介させていただけますし、ぜひ気軽にご相談ください。

実際にクリニックに出向いて相談しなければならない悩みも、手軽に解決することができますから、ご活用してみてはいかがでしょうか。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*