脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

大根足修正(ふくらはぎ)の効果【脚フェチ対策】

ふくらはぎのある下肢部分が太く見えてしまうのは、脂肪蓄積が原因のこともありますが筋肉によるものが大きく、大根足修正(ふくらはぎ)は筋肉が太くなると力こぶとなって現れやすい腓腹筋を主に対象としてアプローチを行っていきます。筋肉が細くなることで足も細く見えるようになりますから、効果は術後すぐに実感できる方法となります。

ふくらはぎにある、外腓腹筋や内腓腹筋、そしてヒラメ筋はつま先立ちなど簡単な動作でも良く動き、筋肉は鍛えられて行きます。このため運動する人はもとより、歩くことが多かったり短い距離でも自転車に乗る人などは筋肉が発達しやすいため、よく活動する人ほど大根足修正(ふくらはぎ)による効果が期待できます。

筋肉に対してアプローチする方法は一つではないため、足の状態を見ながら医師と相談を行う必要があります。ダウンタイムが長い方法や比較的短い方法などもあるため、休みが取れる期間に合わせて選択することもできます。
大根足修正(ふくらはぎ)の効果

メリットとデメリット

大根足修正(ふくらはぎ)は、皮膚の上から長い針を刺し高周波を流して腓腹筋を焼くことで委縮させ、細くさせる方法があり、切開の幅が小さいため縫合の必要がほとんどない方法や、神経を切断することで収縮させない筋肉を作り、動かさないことで筋肉が自然と細くなっていく作用を利用し足の見た目もスッキリさせる方法、そして筋肉自体を部分切除して取り除く方法があります。いずれも優れた効果が期待できますが、失敗した時のリスクが高いため医師選びが肝心です。

神経を切断したり筋肉を部分的に除去する方法は、失敗してしまうと足の動きが鈍り歩行困難を引き起こす可能性がありますから、大根足修正(ふくらはぎ)は足の構造を熟知し、手術に慣れている医師によって行われる必要があります。名医によって手術が行われれば、安全にふくらはぎを細くすることが可能で、後遺症の心配もいらなくなります。

大根足修正(ふくらはぎ)の名医は問い合わせを頂ければ紹介が可能ですから、気軽に相談をしてください。

大根足修正(ふくらはぎ)の効果

大根足修正(ふくらはぎ整形)を受けるなら、口コミで人気の美容外科・クリニック

ふくらはぎが太い原因に体脂肪がたくさん付いていることや筋肉が凝り固まっていることなど様々な原因があります。ふくらはぎは部分痩せをしにくい部位なので太ったり痩せたりを繰り返しているといつの間にか大根足が戻らなくなったり、スポーツをしていたのが原因で筋肉が落ちず脚だけが太いなどの悩みがあります。大根足修正(ふくらはぎ整形)を受ければ細くてきれいな脚になれますが、体質によって手術法が異なるので信頼できる医療機関で適切な手術を受ける必要があります。

皮下脂肪吸引や筋肉削除・神経削除などの複数の手術法を実施していて、脂肪吸引や筋肉切開術など患者のふくらはぎの状態に合わせて一番合っている方法でやってもらえます。口コミで人気があるクリニックは施術経験が豊富で、切開をする難しい手術でも確かな外科手術の知識を持っているので信頼できます。理想の美脚になるために有効な手術なので、部分痩せに失敗し続けている人にもおすすめです。

大阪で大根足修正(ふくらはぎ整形)を受けるときの値段は手術の方法によって大きく異なります。ボトックス注射で行う場合は安いクリニックだと1回5~6万円程度で、高周波電流による脂肪溶解も片方5万円程度で受けられます。本格的な脂肪吸引だと20万円前後の費用がかかり、筋肉を取り除く大手術の場合は100万円近くの手術費がかかるケースもあります。筋肉によってふくらはぎが太くなっているのか体脂肪が原因なのかを見極めずに手術をしてしまうとほとんど効果が得られず失敗することもあるので、脚の整形で評判のよいクリニックでしっかりと体質を判断してもらい最適な大根足修正(ふくらはぎ整形)が受けられるようにしましょう。

ボトックスや脂肪溶解の場合はわずかな手術時間で済み、ダウンタイムも短くて傷跡が残ることもありませんが全身麻酔で行う大がかりな切開手術だと神経を傷つけて歩行が困難になるなど失敗もあり得るのでクリニック選びは重要です。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*