脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

大根足修正(ふくらはぎ)のデメリットが知りたい

よく、過去に運動をしていた人はダイコン足になると言われます。ダイコン足の方は痩せていたとしても体のバランスが悪く、それだけで似合う服が限られてしまうので、改善したいと思っている方も多くいるでしょう。運動している人に多くできることからも分かるようにこのダイコン足は、筋肉量が多いことが原因として考えられます。では、改善方法を美容医学の観点から着目してみると近年注目を浴びているのが、大根足修正(ふくらはぎ)治療法です。この治療法は筋肉を部分的に削り取る筋肉削除術と筋肉を動かす神経を切断する筋委縮術とがあります。筋肉削除術は筋肉の肥大部分を直接切り取ることから確実性の高い修正術、筋委縮術は筋肉の中の一つだけの神経を切断することで修正をするので切開部分が少ない修正術として言われていますが、これらの治療法をそれぞれ詳しく見ていき、大根足修正(ふくらはぎ)治療法にあるデメリットについても詳しく見ていきましょう。
大根足修正(ふくらはぎ)のデメリット

アフターケアが行き届いた病院を選ぶ

では、大根足修正(ふくらはぎ)のデメリットといえば、凹凸、歩行障害、麻痺、しびれ、傷跡などが代表的なものといて考えられます。凸凹は筋肉の萎縮によることや短期間に筋肉を切除することによって凸凹となる可能性があります。また、切除や切開をすることで感染症や歩行障害、神経麻痺になりうる可能性もあります。急に肉がなくなると皮膚がたるむことにもつながる場合もあり、切開や切除方法にはリスクを伴う危険性があることは事前に把握した状態で大根足修正(ふくらはぎ)治療法を選ぶかどうか決めることが必要です。
また、治療することを決めた場合は病院選びも慎重に行わなければなりません。なぜなら、美容外科の中にはカウンセリングの時間も少なく、術後のアフターケアもきちんとなされない病院もあれば、腕が悪い病院や衛生面の管理がずさんな病院も中にはあるでしょう。患者のケアと病院の理念や担当医が信頼できるかどうかも見極める力も必要です。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*