脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

超音波脂肪吸引のダウンタイムって大体どのくらい?

超音波脂肪吸引法」はベイザー波という、超音波を使い施術を行うのが特徴です。
ベイザーリポやベイザー脂肪吸引と、言われる事もあります。
この脂肪吸引法のメリットは、他の組織を傷めにくいという事です。
ベイザー波を脂肪に当てると、柔らかくなります。
筋肉や神経、血管といった他の組織についている脂肪を、無理やり吸引せずとも取り除ける為、組織へのダメージを最小限にする事が可能です。
酷い内出血が起こり難いという事もあり、従来の脂肪吸引法よりもダウンタイムは比較的短いと言われています。
また、今までの脂肪吸引法は約70%程の脂肪しか、取り除く事ができませんでした。
一方、脂肪を柔らかくしてから吸引する、超音波脂肪吸引法の場合は皮下脂肪の約90%もの脂肪を、取り除く事ができます。
今までだと脂肪吸引による痩身効果が出にくかった部位でも、多くの脂肪を吸引できる超音波脂肪吸引法であれば、細くなったと実感できるでしょう。
超音波脂肪吸引のダウンタイム

比較的短いが医師の腕による

超音波脂肪吸引法は、ベイザー波と言われる超音波の働きによって、脂肪のみを柔らかくする施術を行います。
脂肪を柔らかくする事によって、筋肉など他の組織を傷めずに脂肪のを吸引しやすくなるのです。
他組織が断裂しない為、比較的ダウンタイムは短いと言われています。
ですが、体にメスを入れて施術を行うという以上、施術後は少なからず症状が現れるので、その点は注意しましょう。
施術後は、腫れや内出血が1週間から2週間程度続きます。
また、筋肉痛のような痛みも、1週間程度感じる方が多いようです。
ダウンタイムは軽い脂肪吸引法と言われていますが、それは熟練した医師による施術を受けた時のみです。
技術の低い医師が施術を行った場合、施術後に起こるこれらの症状が強く出る傾向にあります。
また、失敗のリスクも高まるので超音波脂肪吸引法を受ける際は、医師選びを慎重に行いましょう。
当相談所では名医と言われる、医師を紹介していますので、ご気軽にご相談ください。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*