脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

超音波脂肪吸引のデメリットを知っておこう

脂肪吸引にはいくつかの種類がありますが、従来、主流だったのは体の一部を切開して、カニューレと呼ばれる管を挿入し、直接、脂肪を吸引する種類でした。この方法は大幅なサイズダウンが見込める半面、体に対しての負担が大きい、また施術者の技術が未熟だと、内臓や血管を傷つけてしまうと言うリスクも存在しています。そこで登場したのが、こうしたリスクが限りなく軽減された脂肪吸引方法です。そのひとつが超音波脂肪吸引です。これは超音波の力を利用して脂肪を柔らかくし、吸引していくと言う方法で、体外から超音波を照射する方法と、体内にカニューレを挿入し、その先端から超音波を発生させながら脂肪を吸引していく方法があります。どちらの超音波脂肪吸引も、メリットとしては、ダウンタイムが比較的、短くて済む、また超音波によって脂肪が柔らかくなるため脂肪吸引がスムーズに行われやすいと言う点が挙げられます。ただしデメリットがゼロと言うことではありません。
超音波脂肪吸引のデメリット

やけどのリスク

超音波脂肪吸引のデメリットとして、まず体外から超音波を照射する方法の場合には、超音波を照射する際に皮膚表面に火傷が発生する恐れがあるという点が挙げられます。これは体外式の場合、30分程度、超音波を照射する必要があるためです。また吸引はその後に行いますから、施術そのものに時間がかかると言うことも覚えておく必要があります。一方の体外式の場合も、やはり火傷の可能性は否定できません。カニューレを挿入して、体の内部に直接、超音波を照射するので、体外式とは異なり皮膚内部に火傷が発生してしまうこともあると言うデメリットです。皮膚内部に火傷が発生すると、ダウンタイムが更に長引いてしまうことも考えられます。また体内式の超音波脂肪吸引で吸引した脂肪は、従来の脂肪吸引のようにボディメイクに利用することができないと言うのもデメリットです。サイズダウンだけではなく、その後に吸引した脂肪を利用してボディメイクをしたいと言う方には、この方法はおすすめできません。このような点を踏まえ、超音波脂肪吸引を受ける際にはクリニック選びを慎重に行うことが求められます。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*