脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

知っておきたい超音波脂肪吸引のアフターケアのポイント

超音波脂肪吸引は、今までの脂肪吸引法よりもダウンタイムが短いと言われています。
従来の脂肪吸引法の場合、血管や筋肉といった他の組織についている脂肪を、無理やり吸引して取り除いていました。
ですので、脂肪だけを吸引するのが難しく、他の組織を傷つけやすかったのです。
筋肉や血管がダメージを負う事で、内出血や痛みも強く、長く続く傾向にありました。
一方、超音波脂肪吸引では脂肪を吸引する前に、超音波によって一旦、脂肪を柔らかくします。
脂肪を柔らかくする事によって、吸引しやすくなり他の組織を傷めにくくなるのです。
ですので、他の脂肪吸引法よりもダウンタイムは短めと言われています。
また、旧式の脂肪吸引法より脂肪を吸引しやすい点も特徴です。
ただ、ダウンタイムは短いといっても、施術後のアフターケアは欠かせません。
ケアを怠ってしまうと腫れや痛み、内出血が長く続く恐れがあります。
超音波脂肪吸引の施術後は医師の指示に従い、必ずアフターケアを行いましょう。
超音波脂肪吸引のアフターケア

圧迫ケアを欠かさずに

超音波脂肪吸引法は、施術後のダウンタイムが短い脂肪吸引法と言われています。
ですが、施術後はどうしても腫れや痛み、むくみといった症状が現れる為、アフターケアは十分に行いましょう。
超音波脂肪吸引をはじめとする、脂肪吸引では圧迫のケアは欠かせません。
施術部位にガードルなどで圧迫を加える事により、腫れやむくみをはスムーズに解消できます。
かゆみや痛みを感じた場合、アイシングをして患部を冷やすケアも有効です。
ただ、医師の技術が低い場合、このようなアフターケアを行ったのにも拘らず、ダウンタイムが長く続くケースがあるようです。
また、脂肪吸引は医師の腕次第で、仕上がりには大きな差がでます。
超音波脂肪吸引も、医師の技術によっては皮膚がデコボコになるなど、失敗のリスクがあるので注意しましょう。
熟練した技術を持つ、医師を選ぶ事がおすすめです。
当相談所では名医と言われる医師をご紹介していますので、ご気軽にご相談ください。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*