脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

超音波エルコニアレーザーは失敗したらどうなる?

脂肪吸引で失敗した場合、最も多い症状は皮膚にデコボコが残るということです。通常の脂肪吸引はカニューレという器具を使って脂肪を吸引していきますが、医師の技術や経験が未熟であった場合、均等に脂肪を吸引できない場合があります。また脂肪を柔らかくするためのチューメセントが十分でないと、十分に脂肪を柔らかくすることができず、吸引ムラのようなものができてしまい、やはりデコボコになってしまいます。このような場合、再度手術を行ってデコボコを治す必要があります。それを防ぐために、現在では様々な方法によって脂肪を柔らかくするようになりました。
超音波エルコニアレーザーもその一つで、超音波とエルコニアレーザーを照射して脂肪を柔らかくしていきます。使用する超音波の周波数やレーザーは医院によって差がありますが、その効果にそれほど違いはありません。超音波エルコニアレーザーを使用したからと言って、特別何か変わったことがあるというわけではなく、脂肪の吸引のしやすさに影響ができます。
超音波エルコニアレーザーの失敗

主に2つのリスクがある

超音波エルコニアレーザーは、脂肪吸引によるデコボコの失敗を減らすために行いますが、それでも医師の経験や技術が不足している場合は、やはり皮膚の表面からわかるデコボコができてしまいます。この場合は再度脂肪吸引を行って取り除く必要があります。また吸引時にカニューレを挿入するために小さな穴をあけますが、その部分の処置が甘いと感染症などの危険もあります。
また超音波エルコニアレーザーの場合、皮膚の上から超音波とレーザーを照射するために出力が適正でない場合、火傷を負ってしまうことがあります。その場合は火傷の治療を行いながら、脂肪吸引のアフターケアを行うことになります。医院によっては術後しばらく経ってから簡単なマッサージなどを行うところもありますが、火傷をしてしまった場合は、火傷が完治してからになります。
超音波エルコニアレーザーは他の方法より痛みが少なく、火傷などの心配もほとんどない方法ですが、万が一失敗した場合はそのような危険があるということも覚えておく必要があります。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*