脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

脂肪吸引 チューメセント法のリスクとは

脂肪吸引 チューメセント法のチューメセントには、ふやかすと言う意味があります。ですからこの方法においては、まず生理食塩水に局所麻酔剤や止血剤を混ぜたものを、皮膚層に大量に注入します。するとこれらチューメセント剤の作用によって、脂肪がふやかされた状態になり、それを吸引すると言うのが脂肪吸引 チューメセント法の主な方法です。メリットとしては、局所麻酔で済むため、強い麻酔をかける必要がないことが挙げられます。また止血剤を使用しているので、従来の脂肪吸引では必要であった輸血が不要であることが挙げられます。そのため、従来の脂肪吸引に比べるとより安全性の高い施術だと言えます。また脂肪がふやかされた状態になると、当然、カニューレの操作性は高くなります。ですから脂肪吸引がスムーズに行われやすいと言うのもメリットです。ただしダウンタイムは従来の手術と同程度、約2週間ほどあるとされています。またメリットばかりでリスクがまったくないと言うわけではありません。
脂肪吸引 チューメセント法のリスク

精通したドクターを選ぶ

脂肪吸引 チューメセント法のリスクには、以下のことが挙げられます。まずはドクターの技術力によっては、脂肪吸引にムラが発生し、術後にでこぼこが出てしまうと言う点です。カニューレの操作性が良くなったからこそ、逆にドクターがしっかりと脂肪を吸引しなければ、当然、吸引残しであったり、部位によってムラが出てきてしまうことも考えられます。すると術後、脂肪が残っている部分だけふくらみが残ったり、全体的に不自然な感じになってしまうことも考えられます。またこのことに関連して、脂肪の取り過ぎ、皮膚のたるみが発生する恐れがあると言うのもリスクのひとつです。脂肪の取り過ぎは、思い描いていたボディラインとはかけ離れた出来上がりになってしまう恐れがありますし、皮膚のたるみも同様です。またこれらは、修正がしにくい点でもあります。このようなリスクを避けるためには、クリニック選びの際に脂肪吸引 チューメセント法に慣れているドクターがいるクリニックを選ぶことが求められます。またアフターケアに関しても、どの程度のことを、どのくらい行ってくれるのか、事前にチェックしておき、説明を受けておくことが必要です。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*