脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

脂肪吸引 チューメセント法のダウンタイムに気をつけたいこと

脂肪吸引は痩せたい部位の脂肪をしっかり取り除くことができ、脂肪細胞の数を減少させることでリバウンドを防げるということで痩身治療の中でも特によく選ばれている治療です。脂肪吸引 チューメセント法は現在行われている脂肪吸引の中でも特にベーシックな方法で、脂肪を柔らかくする溶液を注入し、効率よく脂肪を吸引していきます。かつての脂肪吸引は出血も多く、輸血を必要としてきましたが、脂肪吸引 チューメセント法では止血効果のある薬、麻酔効果のある薬を生理食塩水で希釈して吸引前に注入しますので、輸血を必要とする脂肪吸引手術は少なくなりました。脂肪が柔らかくなることで、吸引できる脂肪の量も増え体内組織へのダメージも少なくなり、治療後の出血や腫れなども軽減されています。とはいえ、脂肪吸引はやはりある程度は体への負担もありますので、ダウンタイムがどれぐらい続くのか、アフターケアをどのように行っていくのかも施術前にはよく理解しておきましょう。
脂肪吸引 チューメセント法のダウンタイム

短時間だが麻酔作用に注意

脂肪吸引 チューメセント法のダウンタイムについても知っておきたいですが、個人差はあるものの2週間は痛みや内出血、腫れ、むくみなどがあるとされています。
吸引部位や手術の範囲の広さによってもダウンタイムの長さは変わってきます。
最近は、より新しい脂肪吸引も登場していますので、脂肪吸引 チューメセント法だけで対応する医療機関は少なくなっています。
脂肪吸引では特にベーシックな治療方法ですが、医師の技術が不足していると表面が凸凹になったり、脂肪の取り残しがある、さらに痛みや腫れが長引く場合もありますので、できるだけ脂肪吸引で評判の高いクリニックを選ぶことも大事です。
入院の必要はありませんが、施術後は麻酔による眠気も残っていますので、数時間は安静にしその後処方薬をもらい帰宅することとなります。
治療後は圧迫などのアフターケアも必要となりますので、回復を早めるためにも医師の指導に従い、正しいケアを続けていきましょう。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*