脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗  class=
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

プラズマリポの効果と失敗やデメリットの注意点!

プラズマリポで痩せる量(cc)とメリット

プラズマリポは、プラズマ光線を利用して脂肪を溶解・除去する切らない脂肪吸引手術です。
仕組み自体は、スマートリポレーザーのレーザー光線をプラズマ光線に変えたものです。

プラズマリポで用いるファイバーの直径は、注射針の太さと同等程度の0.4~0.6mmなので、スマートリポよりさらに小さな傷口ですみます。 またプラズマ光線は360度の方向に立体的に照射できるので、従来のレーザーよりも広範囲の脂肪除去が可能ですので、広範囲の効果を実感できます。

プラズマリポはメソセラピーよりも効果が高く引き締め効果もありますが、除去できる脂肪量ではボディジェットに比べれば劣ります。

失敗しないためには、経験豊富な名医を選ぶ事が非常に大切です。

プラズマリポの効果と失敗やデメリットの注意点!

プラズマリポの名医と有名病院

プラズマリポの名医と有名病院は前述した名医の条件をクリアしている事が前提となります。

プラズマリポの症例数が多いだけではなく、クオリティの高いプラズマリポの症例数を多く積んでいる名医や有名病院を選択しなければなりません。

ご紹介をご希望であればお気軽にお問い合わせください。

プラズマリポの症例写真

プラズマリポの美容整形・治療・手術

プラズマリポでトラブルを起こしてしまう事は考えられます。技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。

そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

プラズマリポの失敗・修正・再手術

プラズマリポの美容整形はベイザー脂肪吸引、ベイザーリポ、レーザースタイリング、ボディジェット、NCIR、ふくらはぎ痩身、根こそぎ脂肪吸引などが考えられます。

プラズマリポの施術で、効果が出ない場合には何度か行う必要があります。医師の技術によっては、術後にトラブルが起きてしまう可能性も考えられます。

治療を検討する場合は、慎重にドクターを選びましょう。

取り過ぎによる凸凹や取り残しなどで修正・再手術をしなければならなくなると厄介なので、是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

吸引後のデコボコなどのトラブルを防ぐためにはかなりの技術が必要で、ドクターも限られてきます。ドクター選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

必ずしも、最新の脂肪吸引機を扱っているからいって良いとは言えません。

プラズマリポの効果・仕上がり・アフターケア

溶解された脂肪は2~4ヶ月かけて徐々に排出されていくので、美容整形を受けたことを周囲に知られることなく、自然なペースで痩せていくことができます。

プラズマリポの美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、皮膚の状態や痩身効果を確認する必要があります。

凸凹の皮膚感やたるみが出たりして、整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

プラズマリポのトラブル・リスク・デメリット・後遺症

いろいろな効果のあるプラズマリポですが、デメリットもあります。効果には個人差があるという点です。

脂肪吸引並みの効果があるとは言っても、その効果のあらわれ方には個人差があり、効果が感じられないという人もいます。

物理的に脂肪を除去する施術ではないため、効果を感じない人もいます。また、広範囲の治療ができることでやりすぎてしまい、痛みや腫れなどのダウタイムが大きく出てしまうことがあるという点もデメリットと言えます。このようなリスクを最小化するにはスキルの高い医師に治療してもらう必要があります。

また、カウンセリングの際にメリットだけではなく、デメリットについてもきちんと説明してくれる信頼できる医師を選ぶようにしましょう。当相談所ではプラズマリポの名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

脂肪吸引・痩身治療のトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。

プラズマリポの部位・箇所

プラズマリポの美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

プラズマリポの美容整形における、お悩み・部位(箇所)については下記をご参照ください。

顔(顎) 二の腕 胸(胸部) 背中 お腹(腹部) ウエスト 腰(腰部) お尻(臀部) 太もも ひざ ふくらはぎ 足首 足(脚)

プラズマリポのダウンタイム・腫れ

腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度です。
ダウンタイム中の軽い外出や仕事復帰はデスクワークなら可能です。

プラズマリポの料金相場と安い値段・費用

プラズマリポの料金相場は1ヶ所20万円前後、安いと15万円程度です。

広範囲になると高額になります。麻酔代が別途かかるところもあるので、料金についてはカウンセリングの際にきちんと確認しておきましょう。

プラズマリポの料金はクリニックによって差がありますので、一概には言えませんが、料金相場は大体1ヶ所20万円前後だと言われています。追加する場合は追加料金が上乗せされていきます。太ももの場合は、前後内外側4ヶ所で50万前後かかることもあります。

顔の場合だと、頬で25万~40万円、あごで20万~30万円程度が目安だと言われています。1ヶ所が手のひらサイズとなるため、広範囲になると高額になってしまいます。

さらにこれらの施術料金だけでなく、麻酔が必要な場合は、別途麻酔代がかかってきます。この麻酔も全身麻酔なのか局所麻酔なのか、笑気ガス麻酔なのかによって料金が異なります。

施術料金にどこまで含まれるのか、どれがオプションなのかという点をしっかりと確認しておきましょう。見積もりと実際の請求が大幅に違っていたということを避ける為には、カウンセリングの際に料金についてきちんと確認しておきましょう。

プラズマリポのまとめとオススメ

失敗を回避するためにも名医を選んでいただくことをおすすめいたします。

当相談所にて、治療方法のご紹介と意外と知らないリスク・失敗例についてご紹介するとともに、全国の名医をご紹介しております。
お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*