脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗  class=
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

筋萎縮術(ふくらはぎ)の効果と失敗やデメリットの注意点!

筋萎縮術(ふくらはぎ)で痩せる量(cc)とメリット

ダイコン足を修正する治療の代表的なものとして、筋肉削除術筋萎縮術があります。

ダイコン足の原因の多くは、筋肉量が多いことによるものです。
ふくらはぎの痩身は脂肪吸引では解決がしづらいので、筋肉が増大している方の場合には筋肉削除法や筋萎縮術などが適しています。

下腿部筋萎縮術(かたいぶきんいしゅくじゅつ)(神経切除)では、膝の裏側の皺に沿って2~4cmの皮膚を切開し、下腿後面の3 つの太い筋肉のうち一つの筋肉の神経を切断します。
そうしますと、力を入れても筋肉は動かなくなりますので3 ヶ月~6 ヶ月で筋肉がやせてきます。

下腿の内側が膨らんでいるタイプ(子持ちシシャモのような形)では内側の腓腹筋の神経を切断します。
下腿の外側が張り出しているタイプでは外側の腓腹筋かヒラメ筋の神経を切断します

技術的にも、筋萎縮術(ふくらはぎ)を出来るドクターは限られています。専門的なドクターを選ばなければ、脂肪吸引を提案されてしまう可能性があります。

筋萎縮術(ふくらはぎ)の効果と失敗やデメリットの注意点!

筋萎縮術(ふくらはぎ)の名医と有名病院

筋萎縮術(ふくらはぎ)の名医と有名病院は前述した名医の条件をクリアしている事が前提となります。

筋萎縮術(ふくらはぎ)の症例数が多いだけではなく、クオリティの高い筋萎縮術(ふくらはぎ)の症例数を多く積んでいる名医や有名病院を選択しなければなりません。

ご紹介をご希望であればお気軽にお問い合わせください。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果

筋萎縮術(ふくらはぎ)の症例写真

症例画像①

筋萎縮術(ふくらはぎ)の美容整形・治療・手術

筋萎縮術(ふくらはぎ)でトラブルを起こしてしまう事は考えられます。技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。

そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

筋萎縮術(ふくらはぎ)の失敗・修正・再手術

手術後に、筋肉が萎縮してから綺麗に仕上がってくるまでには3ヶ月~6ヶ月必要ですが、筋肉の萎縮する量は個人差があり予測が不可能です。思ったよりも細くなっていない、十分な効果が感じられない場合があります。

筋萎縮術(ふくらはぎ)で失敗したらどうなるの?で詳細は失敗例をまとめています。

その他の治療法でふくらはぎを細くするには、神経を残した筋肉にボトックス注射、TCR(電気で筋肉を焼く)、または筋肉切除といった方法があります。

膝の後面には、筋肉を動かす神経の他に知覚神経が走行しています。術中に知覚神経をひっぱる操作をしますので、下腿後面や足の外側に知覚麻痺や、しびれが出てくることがあります。

技術的にもドクターの経験値に大きく左右する事がありますので、是非ふくらはぎの名医を選択しなければなりません。

取り過ぎによる凸凹や取り残しなどで修正・再手術をしなければならなくなると厄介なので、是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

吸引後のデコボコなどのトラブルを防ぐためにはかなりの技術が必要で、ドクターも限られてきます。ドクター選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

必ずしも、最新の脂肪吸引機を扱っているからいって良いとは言えません。

筋萎縮術(ふくらはぎ)の効果・仕上がり・アフターケア

筋萎縮術(ふくらはぎ)の効果・仕上がりを評価する上では、皮膚の状態や痩身効果を確認する必要があります。
凸凹の皮膚感やたるみが出たりして、整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

特に筋萎縮術(ふくらはぎ)の美容整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

脂肪吸引の美容整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

筋萎縮術(ふくらはぎ)のトラブル・リスク・デメリット・後遺症

筋萎縮術(ふくらはぎ)の美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットが付き物です。
技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。筋萎縮術(ふくらはぎ)における代表的なリスクと言えば、凸凹(でこぼこ)・歩行障害・麻痺・しびれ・傷跡などが起こりえます。脂肪吸引・痩身治療の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。

ご相談窓口でも説明いたしております。脂肪吸引・痩身治療のトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。関連する治療法>>>筋萎縮術(ふくらはぎ)のリスクとは?

感染(化膿) 血が溜まる 吸引後の取り残し 吸引後の陥没・凸凹(でこぼこ)
知覚(感覚)麻痺 鈍い・しびれ 皮膚のたるみ 皮膚の色素沈着 傷跡のもり上がり・へこみ・色素沈着 皮膚の壊死 テープかぶれ むくみ 内出血 取り過ぎ ギャザー(シワ) 歩行困難 左右差 細くなっていない 足が疲れやすい

筋萎縮術(ふくらはぎ)の部位・箇所

筋萎縮術(ふくらはぎ)の美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

脂肪吸引・痩身治療の美容整形における、お悩み・部位(箇所)については下記をご参照ください。

ふくらはぎ 足首 足(脚)

筋萎縮術(ふくらはぎ)のダウンタイム・腫れ

腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
ダウンタイム中の軽い外出や仕事復帰はデスクワークなら可能です。

筋萎縮術(ふくらはぎ)の料金相場と安い値段・費用

1か所あたりの料金相場は30万円、価格は安いと20万です。

筋萎縮術(ふくらはぎ)のまとめとオススメ

失敗を回避するためにも名医を選んでいただくことをおすすめいたします。

当相談所にて、治療方法のご紹介と意外と知らないリスク・失敗例についてご紹介するとともに、全国の名医をご紹介しております。
お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*