脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

キャビテーションのアフターケア3つで痩せる効果に差が出る!

キャビテーションは施術後の水分補給やマッサージなどのアフターケアが何より大切です。施術後の過ごし方や自宅でのケアについてもきちんと説明してくれるクリニックを選びましょう。

超音波マシンの威力

キャビテーションとは美容外科における痩身のための施術のことを指し、特殊な超音波の出るマシンを使用してお腹や下半身など気になる部分を集中的にケアすることに優れています。

キャビテーションは超音波で筋肉の奥の脂肪細胞にまで細かい新道を与え、刺激を与えることで脂肪細胞をはじけさせて溶かします。

痛みや熱を感じることもなく、超音波が体内で骨に反響してキーンといった音は聞こえるものの、とにかく施術中は心地よいので楽して痩せられるといったイメージもあり人気があります。

また超音波で体内の脂肪細胞そのものを破壊して溶かしてしまうのでリバウンドの心配もなく、1度の施術後から身体のラインが見違えるように美しくなり、セルライトも目立ちにくくなるといった即効性も証明されているのが特徴です。

もちろんエステに行って定期的キャビテーションを受けるだけでもかなりの効果はみこめますが、これに加えてアフターケアを徹底することでより美しいボディラインと高い相乗効果が得られます。
キャビテーションのアフターケア

キャビテーションのアフターケアが大事なのは何故?

実はキャビテーションは術後のアフターケアがとても大切です。

効果が出やすい分、術後のケアを怠ると効果が半減してしまうのです。

キャビテーションは脂肪細胞を泡立たせ温めることで、固くなった脂肪細胞を溶け出しやすくします。

この脂肪が再び固まってしまう前にどれだけ尿や汗とともに排出させることができるかという点が成否の分かれ目であるため、アフターケアが重要となってくるのです。

施術を受けた後はリンパマッサージやオイルマッサージなどの施術を受けると、溶けた脂肪をリンパ管に流し込むことができます。自宅でもマッサージはできますので、入浴のあと、自分でマッサージすると効果的です。

また、しっかりと水分補給をしてリンパ管に流し出された老廃物の流れを促し、脂肪を体外に追い出してあげる必要があります。施術後2時間は消化吸収機能も高まっているので、水分以外の飲食は控える必要があります。

施術後は脂肪が柔らかくなっているので、エクササイズを行うとさらに脂肪が落としやすくなります。

アフターケアの3つのポイント

キャビテーションを受けたあとのアフターケアとしては主に3つの点があげられます。

1つ目は自宅などでもこまめに部位のマッサージを継続することです。

キャビテーションの力で溶けた脂肪は血液中に混ざって体内を流れて排出されるので、むくみや冷えによる血行の悪さはせっかく溶けた脂肪を体外に排出する作用を防いでしまいます。

よってふくらはぎや足の付け根、鎖骨周りや脇の下といったリンパの流れがあるところをほぐし、血流を良くすることで老廃物の排出もスムーズになるのです。

2つ目は水分をこまめにたくさんとることです。

先にも挙げたようにとにかく体内で循環をよくすることが大切なので、施術後は特にペットボトル1本分のお水をとり、その後の生活でもこまめに水分を補給するようにすることが必要です。

体内の血液や胃液の濃さを薄めて、体内にある水分を常に新鮮なものに入れ替えるようなイメージをもつと良いです。

3つ目は軽い運動や入浴で適度な汗を流すことです。キャビテーション後は脂肪も少なくなって代謝が良くなっているので、このタイミングでエステ以外のエクササイズを取り入れると脂肪の燃焼効果も高くなり、痩せやすくなります。

クリニック選び

このように、キャビテーションは施術後の過ごし方やアフターケアの重要性を理解してこそ効果を発揮する施術です。このような点についてもきちんと説明してくれるクリニックを選びましょう。

当相談所では信頼できるクリニックのご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*