脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

カーボメッドに失敗したらどうなる?

カーボメッドは、炭酸ガスを利用して部分痩せを目指す「切らない脂肪吸収」とも言われています。そのため従来の脂肪吸収よりも気軽に受けることができますが、効果も持続しにくいことがデメリットとして挙げられます。このように効果がでない、効果が持続しないという失敗はカーボメッド手術を受ける上で代表的な事例ですが、病院によってはカウンセリングやアフターケアをきちんと行っていないところもあります。もし効果がでなかった場合にアフターケアの制度がなければもう一度お金を支払って施術を受けることになり損をする可能性もあるのであらかじめ注意しておく必要があります。また失敗の事例としては内出血がでてしまうなどダウンタイムが長引いてしまうことです。しかしいくら切らないとはいっても手術をする以上は少なからず腫れや内出血がでてしまうことも多いので、すぐに失敗だと判断せずに腫れや内出血が完全になくなるまで待つことが求められます。
カーボメッドの失敗

感染症や皮膚の変化が出ることも

カーボメッドの施術はもともとが気軽に受けることができるようになっているので、何度施術を繰り返ししても効果を得ることができない人はいます。その場合は何度も失敗を修正するよりも脂肪吸収の方が良いこともあります。また感染症や肌の凸凹、血が溜まる、色素沈着、左右差がでてしまうなど失敗をほっておいたら悪化したり、自然な状態にすることが困難な場合もあります。むくみや内出血の場合はある程度のダウンタイム期間をおけばよい状態になることも多いですが上のような例は即座に医師に相談することが求められます。カーボメッドは自分では痩せることが難しい部位まで痩せることができるのがメリットですが、切らないとはいっても肌に直接触れる施術なのでリスクも少なからずあることを理解しておきましょう。内出血は手術中になるべく力をいれないようにすることで抑えることもできるので、できるだけ緊張しないように力まないように意識するとよいです。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*