脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

デメリットを知ってからカーボメッドを受けよう

体重や皮下脂肪を減少するために行うダイエットは、食事制限と有酸素運動を組み合わせるカロリーダイエットが主流です。摂取カロリーを消費カロリーよりも少ない数値にする事により、不足したエネルギー分だけ皮下脂肪が使用される事になります。ただし、1キログラムの皮下脂肪を燃焼するために必要な熱量は約7,000キロカロリーで、成人女性の平均摂取カロリーが約2,000キロカロリーということを踏まえると、かなりの時間が必要となります。

また、長期間カロリーダイエットを続けると身体は飢えた状態になるので、吸収効率が非常に良化します。このために、少し食べただけで太るという事になり、中断するとリバウンドに見舞われやすくなります。このようなダイエットの問題点を解消できるという事で、注目を集めているのが脂肪吸引です。カーボメッドは、その中でも最先端の痩身の方法として人気を集めており、手術を必要としないという点で気軽に行えると考えられています。しかし、だからといってカーボメッドは万能の治療というわけではないので、メリットと共にデメリットも理解した上で施術を受けなくてはなりません。
カーボメッドのデメリット

即効性が低い

カーボメッドは専用の機器により皮下脂肪に炭酸ガスを注入して、その部分の代謝を上げることで、部分痩せを実現するという内容の画期的な痩身術です。また、施術後には腫れる事がないので、頬やあごなどの腫れると困る部分の部分痩せには、特に有効です。さらに、カーボメッドは皮下脂肪と老廃物が結合して出来るセルライトの除去や、妊娠線の改善にも効果を発揮します。

一方で、カーボメッドは身体の内側にアプローチする事により皮下脂肪を燃焼するという作用であり、外部から吸引器により吸い出す脂肪吸引と比較すると、効果は必ずしも劇的というわけではありません。このために、一度の施術で全て完了するというわけではなく、1週間に1回から2回のペースで10回程度の施術を受けなくてはなりません。つまり、即効性やスピードという部分がデメリットという事になります。しかし、それだけ身体にかかる負担も少ないので、安全性が高いというメリットにもつながっています。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*