脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ボディジェット脂肪吸引のアフターケアは何をすればいい?

ボディジェット脂肪吸引は、美容外科で受けられる脂肪吸引による、医療痩身の1つです。
麻酔液と止血剤が入った、ジェット水流を体内に注入し、脂肪と筋肉や血管、神経といった他の組織と剥がしてから、吸引を行います。
この施術を行う事によって、より脂肪のみを吸引しやすくなり、他の組織を傷づけずに済むのです。
他組織にダメージを与えにくい事から、ボディジェット脂肪吸引は他の脂肪吸引法に比べ、ダウンタイムが短いと言われています。

ダウンタイムの少ない脂肪吸引法とはいえ、やはりアフターケアは十分に行いましょう。
ボディジェット脂肪吸引の施術を行った後は、圧迫のケアが必要不可欠です。
ガードルなどによって患部を圧迫し、むくみや内出血を軽減する効果が期待できます。
また、ガードルで適度に圧迫する事によって、内出血の治りを早める効果もあります。
施術後のアフターケアの良し悪しで、内出血や腫れの引き具合が変わってしまう為、しっかりとケアを行いましょう。
ボディジェット脂肪吸引のアフターケア

ケアはしっかりと守る

ボディジェット脂肪吸引を行った後は、しっかりアフターケアを行いましょう。
内出血や腫れが強く出ないよう、ガードルなどで圧迫するケアは必ず行います。
きついからといって自分勝手にガードルを外してしまうと、内出血や腫れが長引いてしまう恐れがあるので、注意が必要です。
抜糸後、痛みが引いて来たらマッサージやエクササイズを行い、血行を促せば施術後に起こりやすい、しびれなどの症状を緩和できます。
ボディジェット脂肪吸引は、比較的ダウンタイムも短く、体への負担が少ない脂肪吸引法です。
しかし、医師の技術次第で仕上がりには、大きな差が出てしまいます。
施術後、アフターケアを十分に行ったのにも関わらず、皮膚がデコボコになったり、引き攣れた場合は医師の技術不足が原因かもしれません。
このような失敗のリスクを抑える為に、クリニック選びは慎重に行う必要があります。
当相談所では名医と言われる、医師を紹介していますので、ご気軽にご相談ください。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*